「進歩の一日に」の言葉

 久しぶりの天気に恵まれました。

 昇降口付近の木々も葉を落とし、冬の装いとなっています。

 昇降口には時計台があります。これは、昭和12年に尋常科を、昭和14年に高等科を卒業されたみなさんが、42歳の祝いをされた記念として、昭和41年1月に学校に寄贈いただいたものです。

 そこには、「進歩の一日に」という言葉が刻まれています。

 いよいよ2学期も2週間ばかりとなりました。

 今学期のまとめや今年を振り返る時期になりました。

 この1年、子ども達の進歩の一日一日はどのような様子だったのでしょうか。

【▼昇降口付近の時計台】