ようこそ!本校の先輩達 その9「荘原小誕生物語」

 このシリーズでは、荘原小学校に関わりの深い人や出来事等について少しずつ紹介しています。

 第9回目は、「荘原小誕生物語」です。

 本校が現在位置で開校したのは、大正9年7月15日の荘原村尋常小学校からのスタートです。

 開校当時は、本校児童数520名、分教場児童61名 計581名の児童数でした。

 荘原村尋常小学校は、この後、増改築を繰り返しながら、昭和21年の児童数1058名(高等科含む)まで大規模化していくのです。

009荘原小誕生物語.pdf