地域の特産品のよさをPRしよう

 7月8日に道の駅湯の川とひかわ食品加工へ出かけ、地域でがんばる人との出逢いをした5年生。

 10日(金)の6校時、地域の特産品のよさを教職員に向け、プレゼンテーションを行いました。

 当日は、「荘原の子どもを語る会」が予定されており、来校された民生児童委員、保護司の皆さん等にも子ども達の学習の様子を見ていただくことになりました。

 班別に、試食でのおいしさを味わってもらいながら、地元特産品のよさをPRしました。

【 ▼ 地域の方にも参加していただいたPRタイム】