2015年7月アーカイブ

 7月31日(金)の午前は、第2回目の職員研修を行いました。

 今回の研修は、6月に実施したアンケートQU(児童の学級生活の満足度調査)の結果分析を行いました。

 講師に平田小学校の主幹教諭である山崎先生をお迎えし、各学級のQU結果を具体的に分析し、2学期の学級経営や学習指導改善について、具体的な対策を立てました。

 2時間30分近い研修時間になりましたが、荘原の子ども達の学級生活の状況や友だち関係、学習意欲等について細かく分析し、2学期の対策の見直しを行いました。

 講師の山崎先生から、QUのよさ、分析する際の大切な視点、結果活用方法等について、詳しくご指導いただきました。

【▼ ペアになって具体的に分析を行いました】

このシリーズでは、荘原小学校に関わりの深い人や出来事等について少しずつ紹介しています。

 

 第5回目は、「学校にテレビが来た日」についてです。

 昭和34年のテレビ放送開始当時のテレビ事情について紹介したいと思います。

005学校にテレビが来た日.pdf

 7月28日(火)の午後は、職員研修を行いました。

 第1回目の研修は、学力向上推進担当からの提案で、全職員で全国学力学習状況調査の結果分析を行いました。

 調査結果から、本校の児童の強みと弱みについて検討し、授業改善シートの記載内容の修正を行いました。

 事前に各自で調査問題を解いた上で、今日の2時間の検討を行いました。

 1年生から6年生までの指導の中で、重点的に、そして計画的に取り組んでいかなければならないことについて、全職員で話し合えたことはとても有意義でした。

 

このシリーズでは、荘原小学校に関わりの深い人や出来事等について少しずつ紹介しています。

 

 第4回目は、「本校卒業生・錦織恭一氏」についてです。

 本校に寄贈された美術作品について紹介したいと思います。

004錦織恭一氏のこと.pdf

このシリーズでは、荘原小学校に関わりの深い人や出来事等について少しずつ紹介しています。

 

 第3回目は、「荘原小学校校歌の歴史」です。

 現在の校歌制定にまつわる経緯について紹介したいと思います。

003校歌の歴史.pdf

理科室の実験台が更新されます

 本校の理科室の実験台は、机のサイズが小さく、児童が理科室で学習を進める上で不便な点が多くありました。

 この度、実験台を更新していただくことになり、本日新しい実験台が到着しました。

 入れ替え工事は8月3日~5日の予定ですので、それまで昇降口の低学年下駄箱前の通路に置くことになります。

 個人懇談のためご来校された際、通行にご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

【▼昇降口に到着した新しい実験台】

 

 

 

 

 

 

 

【▼現在の理科室の実験台】

図書だより7月号を発行しました

7月16日(木)、図書だより7月号を発行しました。今月の内容は、

  ①夏休みにいろいろな本との出会いを

  ②感想文にチャレンジしよう!

  ③読書感想文コンクールの案内

  ④ストーリーテリングをしました!5年生

  ⑤2年生が1年生にお話のプレゼント!

  ⑥並行読書 茂市久美子の本をたくさん読みました!(3年生)

です。ご覧ください。

 この夏休みにも、たくさんの本とのすてきな出会いをしてほしいと思います。

図書だより7月号.pdf

羽根盆踊りの練習が始まりました

 平成18年からスタートした夏休みの羽根盆踊り練習。今年も羽根盆踊り愛好会の皆さんにご指導いただき、今日から練習がスタートしました。荘原コミュニティセンターが、子ども盆踊りクラブとして児童に参加希望を募って実施されるものです。

 例年、体育館での練習ですが、今年度は体育館の工事の関係から、ふれあい広場で練習会を実施することになりました。今年は、50名を越える児童が参加してくれることになり、愛好会の方々もとても喜んでいただきました。

 8月8日(土)に開催される「出雲神話まつり」での「出雲盆踊り」に参加する予定です。

【▼愛好会の方の説明を聞きました】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【▼お手本を上級生が示します】

このシリーズでは、荘原小学校に関わりの深い人や出来事等について少しずつ紹介しています。

 

 第2回目は、「その昔、荘原に戦争があった頃の話」です。

 大阪西区・西淀川区からの学童集団疎開について紹介します。

002荘原に戦争があった頃の話.pdf

21日から個人懇談を実施します

 台風11号は、島根県には大きな被害を与えることなく終わりました。

 学校では、来週から始まる個人懇談に備えて準備を行いました。お忙しい中、お世話になりますがよろしくお願いします。懇談では、通信票「はな咲く樹」をお渡しして、学校の様子を担任からお話しさせていただきます。

 また、昇降口前のふれあい広場には、各地区の危険箇所を示した「安全マップ」を掲示しています。

 PTA生活部で実施していただいた危険箇所調査結果をまとめてあります。ご確認いただきますようお願いします。

【▼個人懇談の会場をご確認ください】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【▼安全マップを掲示しています】

今年度第1号の理事会だよりを発行しました。

H27理事会だより7月号.pdf

 

【地域学校運営理事会とは……】

 荘原地区の各団体・機関等の代表の方に理事になっていただき、学校から説明する学校経営や学校教育活動の状況に対し、様々なご意見を述べていただく役割をもった組織です。

 荘原小学校の教育について、地域の皆様の意見を反映させると共に、学校運営を「学校の応援団」として支えていただいている、学校にとって本当に心強い組織です。

本校の地域学校運営理事会は、合併に伴い平成25年7月に組織されました。

出雲市内の全ての幼稚園・小中学校に組織されている組織です。

【▼理事会で学校経営方針等について説明】

台風11号の接近に備えて

 台風11号は米子市付近を通過して、午後には日本海へ抜ける見込みです。

 今日は、県内のほとんどの公立学校は臨時休業となっています。公共交通機関にも運転見合わせが相次いでいます。

 学校では、台風接近に備えて、昨日校舎周辺の点検を行い、物等が飛んだり倒れたりしないようにしました。

 被害等がでないまま通過してほしいものです。

【▼校舎内へ避難した学年の鉢物】

 

 

 

 

 

 

 

 

1学期の終業式を行いました

 台風11号が西日本に接近するため、7月17日(金)が臨時休業となり、一日早い終業式となりました。

 終業式では、1学期の各学年の活動の様子を記録写真で振り返ったり、担任の先生方が通信票「はな咲く樹」に記された一人一人のがんばりを紹介したりしながら、学年がひとつ上がって、成長した子ども達の姿を確認しました。

 そして、夏休みの生活では、「自分のことは自分で決める。私を守ってくれる先生は、自分自身」ということを話し、きまりを守った安全で規則正しい生活を送ることの大切さを話しました。

 子ども達は、43日間の夏休みをどのように過ごすのでしょうか。

 8月28日(金)の2学期始業式の日が、楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

講話に使用したスライド資料です。少しデータ量が大きいです。

荘原小・1学期の学校生活.pdf

 荘原地区全戸配布の校報「荘原の教育」を発行しました。

 今年度も年間3回、各学期ごとに発行予定です。

 巻頭ページのみ掲載させていただきました。

   校報「荘原の教育」210号.pdf

地区児童会を開きました

  今日15日(水)の5時間目に、地区児童会を開き、今学期の登校班の様子や地域での生活の様子について振り返りを行いました。

17日の金曜日から長いお休みに入ります。夏休み中の地区でのくらしについても、危険個所の確認や、ラジオ体操の実施等について話し合いをしました。

 今日は集団下校です。

【▼ 地区での生活について話し合いをしました】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【▼地区別に集まって集団下校をしました】

今学期最後の「おはなしのとびら」の時間

 いよいよ今週末で1学期の学校生活を終えます。

 今日7月14日が、今学期最後の「おはなしのとびら」の時間でした。

 気温がぐんぐん上がる朝でしたが、教室からはお話チューリップの方のお話の声だけが聞こえるゆったりとした時間が流れていました。

 夏休みの期間を利用して、それぞれの家庭で読書の時間をもってほしいと思います。

【▼中学年の「おはなしのとびら」の様子から」】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学校だより「花咲く樹~満開の笑顔と夢~」7月号を発行しました。

 毎月、学校での様子をお知らせしていきます。

 学校だより7月号.pdf

 

地域の特産品のよさをPRしよう

 7月8日に道の駅湯の川とひかわ食品加工へ出かけ、地域でがんばる人との出逢いをした5年生。

 10日(金)の6校時、地域の特産品のよさを教職員に向け、プレゼンテーションを行いました。

 当日は、「荘原の子どもを語る会」が予定されており、来校された民生児童委員、保護司の皆さん等にも子ども達の学習の様子を見ていただくことになりました。

 班別に、試食でのおいしさを味わってもらいながら、地元特産品のよさをPRしました。

【 ▼ 地域の方にも参加していただいたPRタイム】

 

 

 

 

オープニングセレモニー「弥生の舞」の発表

 7月11日(土)、荒神谷博物館では、今日から8月31日まで、国宝青銅器出土30周年記念 平成27年度特別展として魏志倭人 伝シリーズ特別展『末盧国(まつろこく)ひすいと青銅器のクニ』の特別展示がスタートします。

 そのオープニングセレモニーとして、荘原小学校の「弥生の舞」の発表を行いました。

 二千年ハスが咲くハス池をバックに、31人がしっかりと舞を披露することができました。

 多くの保護者の方、来場者の方々が見守る中での発表でした。

















アイガモ田んぼに新しい住人が登場!!

 7月10日(金)2時間目、2年生が、アイガモ田んぼにかかし立てに出かけました。

 学校からかかしをみんなで担いでアイガモ田んぼまで出かけます。

【 ▼ みんなでかかしを担いで出発】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、荘原エコクラブの皆さんにお世話になり、4体のかかしが無事立ち上がりました。

 アイガモに代わって、4人の案山子が、アイガモ田んぼを見守ります。

 近くをお通りの方は、是非見てください。9号線「荘原小学校入口交差点」のすぐ南側の田んぼです。

【 ▼ アイガモ田んぼで案山子立て】

 

 

 

 

 

 

 

 

【 ▼ 荘原エコクラブの皆さんにお世話になりました】

 

「弥生の舞」校内ミニ発表会を行いました

 7月から練習をしてきた「弥生の舞」ですが、いよいよ本番が近づいてきました。

 今日の練習は、校内のミニ発表会でした。

 多くの子どもたちが見守る中、31名の子どもたちがこれまでの練習の成果を披露しました。

 樋野達夫さんの土笛「こころ」の曲に、全員が動きを合わせての発表でした。

 明日は会場でのリハーサル、あさってはいよいよ本番です。

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨の朝

 ここ何日か雨の日が続いています。

 やっと梅雨らしくなったと言えるのでしょうか。

 今学期の学校生活も、残すところあと1週間ばかりになりました。

 低学年のベランダに並んでいる1年生の朝顔の花は、梅雨の雨に濡れていました。

7月8日(水)、5年生は「きらり」(総合の時間)の学習として、地域でがんはる人と出会いに出かけました。

今回は、地域の特産品を製造・販売していらっしゃる「ひと」と出会い、どんな思いをもって仕事をしていらっしゃるのか知ること。そして、地域のために働く「ひと」の姿から、自分たちができることを考えることをねらいとしました。

道の駅湯の川では、金築豊駅長さんからお話をききました。道の駅は、休憩だけでなく、地域のよいものを販売する場所として、そして地域の情報を発信する場所としての機能を高めています。

「学校の先生へ特産品のお土産を買おう」をめあてに、班ごとにお土産選びをさせていただきました。

【 ▼ 道の駅湯の川の金築駅長さんからのお話】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 ▼ 特産品のお土産選び】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ひかわ食品加工では、秦晴美さんとの出会いがありました。

 ひかわ食品加工では、斐川特産のトマトをトマトケチャップに加工する実際を見学させていただきました。トマトを煮詰め、瓶詰めするまでの過程を見せていただけました。岩手県から鹿児島まで、斐川のトマトケチャップは出荷されているそうです。

 地域のよいものを届けるため、地域の素晴らしさを知らせること。「ブランドづくり」に熱心に取り組んでいらっしゃる方々にお会いできました。

【 ▼ ひかわ食品加工でのトマトケチャップづくりの様子を見学しました】

2年生が「かかし作り」をしました

 7月7日(火)の2~3時間目、2年生が地域の方々にお世話になり、かかしづくりを行いました。

 田植えをさせていただいた田んぼのアイガモ達も、そろそろ役割を終えます。それに代わってかかしが田んぼを守ってくれます。

 子どもたちは、4つの色別グループに分かれ、地域の方々といっしょになってかかし作りに取り組みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 ▲ お世話になる皆さんと出会いの会をしました】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 ▲ グループ別にかかしづくりがスタートしました】

 

 

今日から「家庭学習がんばり週間」です

 これまでの学力調査結果から、島根の子どもたちは「家庭学習時間が不足している」という課題が見られています。本校の子どもたちにも、共通の課題が見られます。

  そこで、夏休みを目前にして、家庭学習の習慣の様子について、自分自身が振り返り、夏休み中もその習慣が乱れないように自己点検をするため、この週間を設定しました。

 12日(日)までの期間中は、家庭学習時間、学習内容を毎日記録しながら、めあてとなる各学年の家庭学習時間や、宿題に加えて自学や読書にも取り組むことができるか挑戦します。

 この機会にメディアからも離れ、学習に集中できる環境づくりを自ら作り出してほしいと思います。

 今日の4時間目、5年生の算数「合同な図形」の授業を、全職員で観察しました。

 合同な三角形を描くために必要な情報を児童自らが選んで、実際に描く活動を行いました。

 ペアになって、問題を出す側・答える側になり活動を進めていきます。

 どのような情報がある場合に三角形が描けるのか、活動を通して明確になってきたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   【 ▲ ペアになって問題を出し合います】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  【 ▲ うまく合同な三角形は描けたでしょうか】

 

 

 

ようこそ!本校の先輩達 その1「弥生の舞」

 現在の荘原小学校の教育を支えていただいてる地域の人やもの・こと等について、まず私たち自身が知ることが大切です。そのことを通して、私たちのふるさと荘原のこと、荘原小学校のこと等に誇りや愛着心は生まれていくのです。

 このシリーズでは、荘原小学校に関わりの深い人や出来事等について少しずつ紹介していきたいと思います。

 ブログをご覧のみなさんで、本シリーズに関する情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報をお寄せください。

第1回目は、「弥生の舞の歴史」について紹介します。

001弥生の舞の歴史.pdf 

音楽集会を行いました

 7月3日(金)、今日の5時間目は音楽集会でした。

体育館に全校が集まり、1年生から順番に発表を聴き合いました。

リズムに乗って身体全体を使った表現や、しっかりと歌詞を歌いあげる表現など、それぞれの学年の発表はどれひとつとっても、すばらしいものばかりでした。

  歌は言葉、歌はリズム、歌はメロディー

      そして、歌は心です

最後は、全校による「太陽のサンバ」の歌とダンスで音楽会をしめくくりました。

 

 

 

 

 

 

 

  

 【▲ 3年生の発表から】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     【▲ 5年生の発表から】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【▲ 6年生の発表から】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

     【▲ 全校の歌とダンス】

 

 

 

 

 

弥生の舞の練習が本格的に始まっています

今年の弥生の舞の練習も本格化しています。

参加児童が、毎日昼休みの時間を使って練習に励んでいます。

7月11日(土)の斐川銅剣の日に予定されているオープニングセレモニーで発表します。

前日には会場へ出かけてリハーサルを行い、本番に向けた最後の仕上げの予定です。

今年も、荘原っ子フェスティバルでも発表予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

毎週木曜日はクラスタイム

 毎週木曜日の朝8:20~8:35は、「クラスタイム」の時間です。

 おもに算数の基礎的な計算力を高めるために、計算プリントや計算ドリルに取り組みます。

 毎回、重点学年を決めて、担任以外の教員も○つけや指導にあたります。

 今日は、高学年が重点学年。6年生のクラスでは集中して問題に取り組んでいました。

図書だより(6月号)を発行しました

 6月30日に図書だより6月号を発行しました。今月の内容は、

  ①お話の世界を楽しみました!

    ~2年生のストーリーテリングの活動から~

  ②調べたことを説明文に

    ~4年生国語・説明文「ヤドカリとイソギンチャク」の学習から~

  ③図書室前掲示版の紹介

  です。

図書だより6月号.pdf

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

  • 2015
  • 04
  • 26
  • assets_c
  • 2015
  • 04
  • 09
  • 12
  • 2016
  • 02
  • 05
  • 06
  • 07