2015年5月アーカイブ

晴天の中、にこにこ遠足を行いました

 5月29日(金)、予定していた「にこにこ遠足」(縦割り班による遠足)を予定通り行いました。

 気温が上がり、熱中症の心配もありましたが、みんな元気に活動を終えることができました。

活動のめあては、「3つの「あ」を大切にしよう」でした。「あんぜん・あいさつ・ありがとう」です。活動の中では、上学年が下学年を優しくお世話をする姿や、それに対する「ありかどう」の言葉がたくさん聞かれました。

荒神谷公園いっぱいに、あいさつの声やゲームの歓声が響いていました。

 

 

全校で縦割り班別に校庭を出発

 

 

 

 

 

 

 

40分かけて荒神谷公園へ到着しました。

公園に到着後、はじめの会を全員が木陰に入って行いました。

 

 

 

 

 

オリエンテーリングの開始です。各ポイントでは、みんなでゲームやクイズに挑戦しました。

 

 

 

 

 

 

低学年の子ども達も一緒に楽しめるよう

高学年の子どもたちがうまくリードしてくれました。

 

オリエンテーリングが終わると、班別に木陰でお弁当を広げ、楽しいひと時を過ごしました。

 

新建川の水質調査を行いました

 5月28日(木)、4年生が学校近くの新建川で、今年度第1回目の水質調査を行いました。午前中には、学校の中庭の池の水を調べました。

 バケツに新建川の水を汲んで、透明度や水温、パックテストを使った汚れ具合を調べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私(校長)が小学校の頃には、荘原小学校にはプールが無く、中学校のプールで水泳学習をした思い出があります。また一時期でしたが、夏休み中に、新建川での遊泳が許可されていました。川で泳いだり遊んだりすることがあたり前の時代でしたが、今はずいぶん川の様子が変わりました。

 4年生は、これからの学習で、新建川のどんな姿を学んでいくのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

各児童委員会の活動発表を行いました

 今朝の集会活動は、各児童委員会の活動計画の発表です。

 各委員会で中心となる活動を紹介したり、全校への呼びかけを行いました。

 各委員会の役員である6年生の発表の姿が頼もしく、また、全校から各委員会への意見も出されました。短時間ではありましたが、これからの学校生活について、子どもたち自身が考える大切な時間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

学校だより「花咲く樹~満開の笑顔と夢~」5月号を発行しました。

毎月、学校での様子をお知らせしていきます。

学校だより5月号.pdf

今年度第1回目の学習公開日でした

 今日、5月27日(水)は今年度初めての学習公開日でした。

 多くの保護者のみなさんにご来校いただき、それぞれの学年・学級での学習の様子を見ていただきました。

 一年間にわたり、子どもたちは着実に成長していきます。その姿をぜひ直接ご覧いただきたいと思います。

 また、わが子だけでなく、学級や学年全体、学校全体の様子についてもご覧いただき、お気づきの点があれば、担任等を通じて学校へご意見をいただきたいと思います。よろしくお願いします。

 授業公開後には、PTA総会が開催され、前年度報告と本年度事業・予算報告、小学校職員紹介等を行いました。

 

 

 今朝は、読書ボランティアの皆さんに、学校図書館のディスプレイ用掲示物の作成においでいただきました。

 ちょうど業間休みに、本を借りに来た子どもたちも、「妖怪ウォッチがあるよ」「何ができるのだろう」と興味津津で作業の様子を見守っていました。

 たとえ子ども達との言葉のやり取りは無くても、子どもたちがその姿に触れることを通して学ぶものは大きいと感じられる光景でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなすてきな掲示が完成しました。

 

 

 

 

 

 毎週火曜日の朝は、読書ボランティア「おはなしチューリップ」の皆さんによる「おはなしのとびら」の日です。

 今年度の「おはなしのとびら」が、今日からスタートしました。

 各学級では、8時20分までに準備を整え、教室の前に集まります。

 どの学級でも、読んでいただく絵本の世界に浸りこんでいる姿がみられました。

 生活の豊かさを表す指標として、「いつも読みかけの本が手元にある生活」も大切ではないでしょうか。

 学校・家庭・地域が一緒になって、子ども達が読書に親しめる環境づくりを進めていきたいと思います。

 今年度も、「おはなしチューリップ」のみなさんにお世話になります。

 

 

 

 

 

 

 

図書だより(5月)を発行しました

 今日、5月25日に図書だよりを発行しました。今月の内容は、

  ①お話のとびら☆始まるよ

  ②今年度の青少年読書感想文コンクール課題図書が入りました

  ③5月連休《家読うちどく》の感想から

  ④分類番号の学習をしました!3年生

です。明日から毎週火曜日の朝の“お話はなしのとびら”の時間がスタートします。

お話チューリップ(図書ボランティアさん)のみなさんにお世話になります。

図書だより5月号.pdf

 

サンレイクでの宿泊学習を終えました

 5月21(木)~22日(金)、サンレイクで1泊2日の宿泊学習を行いました。

 2日間ではありましたが、集団で生活する上で大切な、きまりを守ることや自分の考えで行動すること、友だちと力を合わせて助け合うこと等、野外活動や制作活動、ゲーム等を通じて具体的に学ぶことのできた2日間でした。

 この宿泊学習の成果を、家庭や学校生活で生かしていってほしいと思います。

 ▲湖面活動「サバニ」では、宍道湖へみんなで漕ぎ出しました。

子どもたちが語る荘原小学校の自慢話

 6年生のあるクラスで聞いた「荘原小学校自慢」のひとつに、「荘原小学校には古墳がある」という意見を、多くの子ども達があげていました。

荘原小学校には、旧幼稚園跡と小学校との境に「神庭岩船山古墳(前方後円墳・5世紀)」があります。

 学校のすぐそばに全長60m規模の古墳がある学校は、県内や全国でみても、そんなに多くはないはずです。荘原小学校の特色ある地域財産のひとつと言ってもよいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

簸川平野の見慣れた風景の中にも

5月の簸川平野では、田植えと共に収穫の時期も同時に迎えます。

荘原小学校の北側に広がる田んぼでも、麦の穂が黄金色に輝き、収穫の時「麦秋」を終えようとしています。収穫が終わると、いよいよ本格的な暑さの季節となります。

 そのように毎年繰り返される自然の風景は、子ども達の目にどのように映っているのでしょうか。

授業からみた荘原の子どもの姿について

 5月18日(月)の職員会議では、「授業から見た荘原小の子ども達」をテーマに、荘原の子どもたちの学習に向かう姿を、全職員で振り返りました。

 普段の授業の姿から、「荘原の子ども達のよさは何か。」や「もっと伸ばしてやりたい点はどこか。」、「私たち教職員が、授業づくりを進める上で工夫しなければならないことは何か。」等を出し合いました。

今日の時間では、それぞれが感じていることやとらえていることを全部出し合い、全体の傾向をとらえる活動を行いました。

 

 5月19日(火)3校時、にこにこ班活動「はじめましての会」を開きました。

 今年度の縦割り班「にこにこ班」による活動をスタートさせるにあたって、メンバーが顔を合わせ、自己紹介したり、仲よくなるための活動を行ったりしました。

 各班とも、6年生の班長がうまく活動をリードする姿が見られました。

 次の活動は、来週5月29日(金)、荒神谷史跡公園への徒歩遠足(にこにこ遠足)です。

 

 

色別班の自己紹介からスタートしました

 

 

 

 

 

 

 じゃんけん名刺交換でもっとなかよくなりました。

 

 

 

 

 

 

それぞれの班で考えたゲームもみんなで楽しみました。 

 

 

 

 

 

交換した友だちの名刺をそれぞれカードにはりました。

 

 

 

低学年の交通安全教室を行いました

 斐川交番と荘原地支部通指導員の方々にご指導をいただき、低学年の交通安全教室を3時間目に実施しました。

 まず、道路を渡るとき大切な3つの約束「は・あ・と」について教えていただきました。

  は…走って渡らない あ…(道路で)遊ばない  と…(道路へ)飛び出さない

校庭で横断の仕方を練習した後、学校前の実際の横断歩道で渡る練習を行いました。

学校の帰りは、高学年のお兄さん・お姉さんはそばにいません。『自分の命は自分で守る』大切なことを教わりました。

 

最初に、道路を渡るときの

大切なお話を聞きました。 

 

 

 

 

校庭で、道路を渡る練習を行いました。 

 

 

 

 

 

 学校の前の横断歩道を実際に渡ってみました。

 みんな真剣にできました。

宿泊学習の結団式を行いました

 5年生は、5月21日(木)~22日(金)に県立青少年の家(サンレイク)において宿泊学習を行います。

 今日の2校時に結団式を行いました。式の中では、各グループの班長から、班のめあての発表がありました。

 「自分たちで進んで」、「みんなで協力して」、「時間を守って行動」…と、集団生活に大切なめあてが決められていました。サンレイクの生活の中では、他団体や施設のみなさんとかかわる機会があります。荘原小学校代表として、「めあてのある行動」を大切に、多くの体験を積んでほしいと思います。

ある日のひとつの風景から

 これは、ある日の昇降口の下駄箱の様子です。

 「くつをきちんと揃える」ということを、いつでも・どこでも・自分からできるためには、相当の時間と意識が必要です。毎日のあたり前を続けることは、とても大切な力なのです。

 以前、ブログであいさつのことをお話しました。これも同じことです。

 日々の学校生活の中で、『ふと、立ち止まって考える一瞬の時間』がなければ、「自分のくつをそろえること」、「気持ちを込めた挨拶」や「廊下を走らず歩く」というあたり前の行動はできません。

 このような意識を荘原の子ども達にしっかり身につけさせてやりたいと、このきちんと靴の揃えられた下駄箱の風景を見て思いました。

 

第2回出雲市小学校陸上大会が開催されました

 今日、5月14日(木)、浜山陸上競技場において第2回出雲市小学校陸上大会が開催されました。

 6年生全員が参加し、100M走・80Mハードル・長距離・走り幅跳び・走り高跳び・ボール投げ・リレー・学級対抗長縄8の字跳びに参加しました。

 選手は、はつらつとした姿で競技にのぞみ、タイムや回数の更新が数多くみられました。

 応援も元気な声が競技場に響き、選手に勇気を与えてくれていました。

 詳しい結果については、学校だより等でお知らせしたいと思います。

 学校代表としての6年生全員のたくましい姿が見られた大会でした。

 

陸上大会の壮行式を行いました

 明日の出雲市小学校陸上大会に学校を代表して出場する6年生を激励するため、壮行式を行いました。まず、5年生有志の応援団のリードで、全校で、6年生に応援エールを送りました。

 フレー! フレー!   荘原!!

 がんばれ! がんばれ!  荘原!!

 選手代表からも「大会では自分のベストを尽くします」という力強いあいさつがありました。選手のみなさん、競うのは他校の友だちだけでなく、自分の半歩前を行くもう一人の自分です。その背中を目標に、全力を尽くしてください。結果はその先にあります。全校で6年生のみなさんの健闘を祈っています。

 

 

 

 

 

 

 5月12日(火)学校の図書室で、図書ボランティアの皆さんとの打ち合わせの会を行いました。

 新しいメンバーも加わっていただき、本年度の活動計画等について確認していただきました。

 「子どもたちに少しでも本に親しんでもらえれば」という思いから、図書ボランティアとして、朝読書(おはなしのとびら)の時間(毎週火曜日8時20分~30分)にお世話になっています。また、図書室の掲示や本の修理等もお世話になっています。

 子どもたちが、一冊でも多く本とのすばらしい出会いをしてくれるよう環境を整えていただいています。

 

1年生「なかよし大作戦」が始まりました

 1年生の生活科の学習として、今日から「なかよし大作戦」がスタートしました。

 業間休みや昼休みの時間に、上級生や先生方と仲よくなるために、校舎内をいろいろな場所を訪ね、自己紹介と握手をする活動です。校長室にも、たくさんの1年生が訪れてくれました。

 好きな食べ物・好きな事・好きな動物…。1年生さんからいろいろ質問されて、自分自身を振り返る時間になりました。

 毎朝、7時55分に昇降口が開かれます。

 児童委員会の「計画生活委員会」では、毎朝昇降口で挨拶運動を続けてくれています。

 あいさつは、①元気な明るい声で ②気持ちを込めて ③自分から進んで

の3つが大切です。毎朝、あいさつの声がけをする中で、荘原の子どもたちは、「③自分から進んで」がみんなで取り組まなければならない課題という印象をもちました。

 まず、それぞれのお家の家族同士で、通学班の仲間同士で、登校中の地域の方へ向けて、学校の友だちや先生へ、だれにでも進んであいさつのできる荘原の子ども達になるように、計画生活委員会の運動を広げる呼びかけを広げていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

市陸上大会に向けて合同練習会を開催しました

 14日(木)開催予定の市小学校陸上大会に向けて、斐川町内の小学校が浜山陸上競技場で事前合同練習を行いました。1時間30分という時間でしたが、一人一人がしっかり走ったり、跳んだりして、大会会場の環境を確かめることができました。

 台風の接近も心配されているところですが、現在の予報内容からは、14日(木)は予定通り実施できる見通しのようです。

担当者で簡単に打ち合わせをしました。

合同練習の流れについて説明を聞きました

 

 

 

 

 

 

 

 

  担当者の打ち合わせ後、児童への全体説明、パート練習と進んで行きました。

 短距離練習は、スターティングブロックを使ってスタート練習を、リレーはバトン練習を繰り返し行いました。

スターティングブロックを使ってのスタート練習

リレーのバトン練習を繰り返し行いました

 

 今日から全国春の交通安全運動が始まりました。

 町のあちらこちらで地域の方々にご指導いただいています。

 また、今日は、学校の昇降口前で、民生委員のみなさんによる「あいさつ運動」を実施していただきました。

 元気なあいさつを「いつでも・どこでも・誰にでも」できるように、そして自分から進んであいさつのできる荘原の子どもになるように、さらに声がけをしていきたいと思います。

 

 

市小学校陸上大会が近づきました

 5月14日には、市小学校陸上大会が開催予定です。

 4月から陸上大会に向けた練習が放課後に行われていますが、交流種目の「学級対抗長縄8の字跳び」の練習も朝の時間を利用して行われています。

今年度は小学校を代表して6年生が全員参加します。練習を重ね、力を十分に発揮してほしいと思います。

図書だより(4月)を発行しました

4月30日図書だよりを発行しました。

内容は、

 ☆今年度も本となかよしに

 ☆春休み≪家読(うちどく)≫の感想から

 ☆ゴールデンウイーク「家読」をしましょう

です。詳しくは図書たよりをご覧ください。

図書だより4月.pdf

 今日から風薫る5月がスタート。明日から5日間のゴールデンウィークに入ります。

 天気予報によれば、期間中の天候もまずまずのようです。

 このお休みには、外で元気に遊ぶことも大切にしてほしいのですが、ぜひ「家読(うちどく)」にも挑戦してほしいと思います。

昨日、「図書だより」を配付しました。その中にも、

「春休みに取り組んでいただいた家読に、この連休にもぜひ取り組んでみてください。1回15分を目標に1日でもチャレンジしてみてください。取り組まれた方の感想をお聞かせください。よろしくお願いします。」と呼びかけをさせていただいています。

ぜひ、それぞれの家庭で、1冊の本を囲んで親子の会話を広げていただきたいと思います。

今日の図書室は、休み中の本を借りようと、たくさんの子どもたちが訪れ、長い列ができていました。

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

  • 2015
  • 04
  • 26
  • assets_c
  • 2015
  • 04
  • 09
  • 12
  • 2016
  • 02
  • 05
  • 06
  • 07