2学期を振り返って~実りの秋~

 校庭の一角にピンク色の椿の花が咲き、冬を感じる頃となりました。

 早いもので2学期も22日(木)終業式を迎えます。2学期は、5年生の宿泊研修から始まり、地区民体育祭、修学旅行、連合音楽会、学習発表会等の学校行事の他に、各学年とも様々な体験学習を通してたくさんの大切なことを学びました。自分を見つめる、他者に共感する、携わる人の思いや願いを感じる。更に、思いやりの心や、集団生活をする上でのルールや約束を守ろうとする意識が育ったり、広く物事への関心が高まるなど豊かな感性、人間性も育むことができます。

 ここで、2学期に取り組んだ各学年の学習の一部を紹介します。

 1年生と2年生は、連合音楽会や学習発表会において多くの人の前で堂々と発表することができ、一人一人の自信につながりました。また、その活動を通して、みんなで心を一つにして作品を作り上げる大切さを身をもって感じることができました。

 3年生と4年生は、エコキャップを集めてワクチンを買うための活動に参加しました。87,500個のエコキャップが集まり、109本のワクチンが買える予定です。自分達にできる身近な助け合いを考えていく、よいきっかけとなりました。

 5年生は、あかねの里の訪問やイカの一夜干し体験など、地域の人々との関わりの中から自分と他の人とのつながりを知りました。

そして、自分の思いや考えをどう伝えていけばよいかを学習しました。

 6年生は、学習発表会に向けて取り組んだ大量の朗読と南中ソーラン。団結力を育み、且つ、互いの信頼感をより確かなものにする絶好の機会となりました。アンコールを含め、大きな拍手をもらい成就感を得ることができ、子ども達の更なる自信につながりました。

 保護者の皆様、地域の皆様方、温かいご支援、ご協力ありがとうございました。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

ウェブページ

  • assets_c
  • 2012
  • 10