南中校区健康を考える会研修会~健やかな子どもの成長を願って~

22日(木)に南中校区健康を考える会研修会が乙立小学校を会場に開催されました。最初に、乙立小・朝山小・稗原小・南中のPTA代表の方による各校の取組の発表があり、続いて校医の須谷先生のお話がありました。そして、島根県立大学出雲キャンパス副学長の山下一也先生による「脳科学から見た子育て法」という演題での講演が行われました。前半は、参加している乙立小の5・6年生に子ども達自身の成長を脳の重さの変化や前頭葉の果たす役割をグラフや4コマ漫画、実際の子ども達の生活の場面などを取り上げて分かりやすく説明してくださいました。休憩をはさんだ後半は、保護者・地域の方々を対象に、早寝・早起き・朝ごはんの効用など、正しい生活習慣の確立が脳の健全な発達にいかに大切かを図や写真、具体的な例を示して解説してくださいました。専門的な脳科学の知見をやさしい語り口調でかみ砕いて、ユーモアを交えながらお話してくださり、あっという間の1時間半あまりの講演となりました。各校の取組発表も、講演会も、さっそく明日からの子育てに生かせる課題を提示していただき、とても有意義な研修の場となりました。この研修会の準備・運営にあたって、各校の養護教諭・保健師、そしてPTAの健康教育担当の皆様には大変お世話になりました。会場校よりお礼申し上げます。

181122_144714.JPG181122_145213.JPG181122_150507.JPG181122_150729.JPG

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

ウェブページ

  • assets_c
  • 2015
  • 01
  • 03
  • 2016
  • 04