フクロウが飛んできて、平成30年度の河南中がスタートしました。

大変遅くなりましたが、平成30年度のブログを開始します。3月に10名の教職員が転出しましたが、4月に11名の転入があり、新年度の河南中がスタートしました。保護者・地域の皆様、関係の皆様には、昨年度と変わりませず、本校の教育に対してご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。4月9日(月)の着任式・始業式で本格的に動き出した河南中。始業式では、次の3つの話をしました。

4月9日(月)始業式

①「愛のある学校」を創りましょう。

私はこれまで、「愛のある学校」を学校スローガンにしてきました。自他を愛し、大切にし、互いを認め合いながら学校生活を送ることはとても大切です。今年もそうのような学校を創っていきたいと思います。

②河南中の伝統を引き継ぎましょう。

河南中はとても良い学校です。これまでの先輩が築いてきた河南中の「良さ」=「誇り」=「伝統」を大切にしていきましょう。その中心になっていくのは3年生です。

③本田前校長先生からの贈り物を紹介します。

春休み中に生徒昇降口の西側の植え込みに、石灯籠や庭石が移されました。その中に、本田前校長先生からの贈り物である「フクロウ」の石像が置かれています。「フクロウ」は福(幸せ)を呼ぶ鳥として有名です。「フクロウ」の置物を人が集まる場所に置くと、そこに、幸せが舞い込んでくると言われます。河南中で一番たくさん人が集まる場所は生徒昇降口ですので、その近くに「フクロウ」の石像が置かれました。本田前校長先生のお陰で、今年もたくさんの福(幸せ)が河南中に舞い込んで來ることでしょう。本田先生、本当にありがとうございました。

IMG_8786.JPGIMG_8783.JPGIMG_8782.JPG

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

ウェブページ

  • assets_c
  • 2016
  • 09