地域食材を生かした「ふるさと調理」

 2年生では、家庭科で「調理と食文化」の学習をしています。その中で、『地域の食材を生かした調理をしよう』のテーマで、出雲産の野菜、神西湖産のシジミや神門地区で栽培されたナシなどを用いた調理を行いました。

 実習にあたっては、家庭科担当の板倉教諭、食育担当の江角栄養教諭が指導する一方、地域から8名の方のご協力を得て調理を進めました。太巻きずし、サラダ巻きずし作りでは、巻き簾(まきす)を初めて使う生徒も多く、地域の方から手ほどきを受けていました。今回、ナシを提供してくださった今岡久人さんからは、ナシ栽培の様子や、中学校時代のことなどを生徒に話しくださいました。

 地域の皆さんと一緒に調理し、共に味わった料理は一段とおいしかったことでしょう。

IMG_1710.JPGIMG_1712.JPGIMG_1716.JPGIMG_1730.JPG

IMG_1735.JPGIMG_1739.JPG

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

ウェブページ

  • assets_c
  • 2016
  • 09