2016年11月アーカイブ

期末テスト、お疲れさま!

 晩秋から初冬への移ろいを感じるこの時期、2学期の期末テストが本日で終了しました。

 2学期後半の学習定着度をはかるこのテスト、それに向かう気持ちと準備は生徒個々でそれぞれだったことでしょう。

 1年生にとっては、中学校に入学してから2度目の期末テストとなりましたが、「ほぼ一日中勉強をしました。これで全力を出してダメだったとしても悔いはないです!!」というものや、「テスト前日となりました。少しドキドキしてきました。でも頑張って集中してやりたいと思います。」などの記述が日記にありました。

 学習を定着させるためには、自分なりの学習方法を身につけること、それを継続していくことに尽きるのではないでしょうか。

IMG_6500.JPGIMG_6502.JPG

IMG_6505.JPGDSC_0856.JPG

 

 本日午後、開催された『出雲市中学生議会』には市内の全中学校から2名ずつが参加し、市当局に中学生としての意見を述べました。

 河南中学校からは、生徒会長の小村君、副会長の糸賀君が参加し、「若者の流出を防ぐためのまちづくり」についての質問・提案を行いました。若者の市外への流出の一因は「働く場」がないこと、「地元企業の情報不足」が理由ではないかとの問いを投げかけました。

 これに対して、長岡市長からは、「産業フェア」やホームページ等で情報発信をしているとの回答があり、さらに、市内に「多種多様な職種を作っていくことが使命」と考えているとの方針が示されました。

DSC_0943s.jpgDSC_0935.JPG

 2年生では、家庭科で「調理と食文化」の学習をしています。その中で、『地域の食材を生かした調理をしよう』のテーマで、地元でとれた野菜やシジミなどを利用した調理を行いました。

 実習にあたっては、家庭科担当の板倉教諭、食育担当の江角栄養教諭が指導する一方、地域から7名の方のご協力を得て調理を進めました。

 太巻きずし、サラダ巻きずし作りでは、巻き簾(まきす)を使っての調理は初めての生徒も多く、地域の方から手ほどきを受けていました。ナシの皮むきを家庭でしたことのない生徒もおり、今回、友だちや地域の方から教わっていました。

 自分たちの手で作った巻きずし、さぞやおいしかったことと思います。

地元産で調理1.jpg

DSC_0919.JPG
IMG_6117.JPG

DSC_0889.JPGDSC_0891.JPG

  

  

DSC_0917.JPGIMG_6188.JPG

朝の校舎に歌声響く ~全校で校歌を 🎶 ~

 生徒会が今年度発案し、全校に呼び掛けて行う河南中に校歌を響かせよう!」の企画が本日、朝礼時に行われました。

 これまで、1学期にも2回実施したこの企画、今朝も生徒会総務部員の呼びかけで全校生徒がベランダに立ち並ぶと、校歌をさわやかな快晴の空に向けて歌い上げました。

DSC_0885.JPGDSC_0845.JPG

DSC_0849.JPGDSC_0850.JPG

DSC_0847.JPG

 季節は晩秋から初冬に向かうこの時期、3年生は現在、「3者面談」で進路決定に向かおうとしています。

 3年生よ、どうか自分の目指す進路に向けて『着実な歩み』を進めてほしい。1・2年生も、学習、部活動など、『力を蓄える』時期にしてほしいと願っています。

人権ポスターで『イコールの大切さ』訴える

 出雲市・出雲市教育委員会が主催する「人権作文・ポスターコンクール」において、本校1年生 松村庄太郎さんの作品が中学校の部で『特選』に選ばれました。

 作者の松村さんによると、このポスターには、地球上に生きるすべての人たちが「イコール(等しい)」であってほしいとの願いが込められています。肌の色が違う人も男性も女性も、子どもも高齢者も、いろいろな人たちが虹でつながる図案でそれを表現しました。

 図案中には、『みんなで考えよう イコールの大切さ』のキャッチコピーとともに、登場人物が「=(イコール)」でつなげられています。

 グローバルな視点で表現したこのポスターは、日頃の学校生活でも「生徒一人一人が皆、平等」として大いに通じるものがあり、皆が考え、実行してほしいことです。

20160930_140853.jpg20161110_162253s.jpg

 カミアリーナで開催された出雲地区中学校新人バスケットボール大会で、本校女子バスケットボール部は初戦で松江市立湖東中学校との対戦となりました。

 この試合、序盤は両チームとも得点を重ねていましたが、徐々に相手チームのペースとなりました。次々とゴールを襲う相手チームに対し、精いっぱいのディフェンスと粘り強い攻めを行いましたが、惜しくも37対78の結果で敗退しました。

 敗れはしたものの、県内屈指のチームと言われる湖東中学校に果敢に挑み、最後まで集中力を切らさず戦い切った選手たちに心から拍手を送ります。この経験をもとに、次なるステップを目指そう!

hensyu21.jpg

DSC_0678.JPGDSC_0467.JPG

 時おり小雨降る三瓶高原クロスカントリー場において、本日、島根県中学校駅伝競走大会が開催されました。

 午前、女子のスタート時点での気温は11℃で肌寒い風が吹く中、女子31チームが5区間(計12Km)で襷(たすき)をつなぎました。

 続く男子は、38チームが各3,000mの6区間(計18Km)で競い合いました。

 その結果、河南中は女子チーム(タイム0:43:54)・男子チーム(タイム1:00:33)ともに"優勝"の栄冠を手にすることができました。昨年度の男女優勝に続く快挙となり、選手・控選手だけでなく、声援を送り続けた仲間や保護者の皆さんと、この感動を共有することができました。また、市郡対抗の部に「出雲市チーム」として参加した選手もおり、これも1位となりました。

 さらに、本校2年生の今岡宥莉香さんが女子最優秀選手に選ばれ、表彰されました。

 選手諸君の健闘を称えるとともに、支えてくださった部員のご家族の皆さんに感謝申しあげます。

DSC_0964.JPGDSC_0351.JPGDSC_0364.JPG

DSC_1016.JPGDSC_1067.JPG

DSC_0077s.jpgDSC_0238.JPG

DSC_0317s.jpg

DSC_0389s.jpgDSC_0416s.jpg

DSC_0424moji.jpg

 

地域の文化祭で演奏を披露

 校区内の各地区で文化祭が開催されるこの時期、吹奏楽部が2つの文化祭に参加しました。

 神門地区は10月23日(日)に、神西地区は30日(日)に演奏の機会をいただき、各コミュニティセンタで演奏を披露しました。生徒たちの進行で、各楽器の紹介から合奏へと続きました。

 熱心に耳を傾けてくださる方も多く、大きな拍手をいただき、地域の皆さんの温かさを生徒たちは実感したものと思います。

 こうした機会を通して、演奏の技能向上はもとより、地域の中で自分たちが見守られ、支えられて成長していることに気付いてくれればと思います。

 関係者の皆さまに、厚くお礼申しあげます。

IMG_5675.JPGIMG_5632.JPGIMG_5630.JPG

IMG_5994.JPGIMG_6012.JPG
IMG_6009.JPG

 

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

ウェブページ

  • assets_c
  • 2016
  • 09