2015年6月アーカイブ

魚のたんじょう

 

出雲科学館では、6月15日(月)から26日(金)の間、

小学5年生が『魚のたんじょう』について学習しました。

さあ、メダカの卵は、どのように育つのでしょう?

授業前半は、卵の変化を観察します。

 

用意した卵は、生まれたばかりの1日目、そして2日目、3日目、6日目です。

 

 

 

 

 

                       

1人1台顕微鏡を使って、じっくり観察します。

受精してからの日数を推測したり、スケッチをしたり、

たった数日で成長していくたまごの様子に感動!

 

さて、ふ化したあと、メダカはいったい何を食べるのでしょうか?

授業後半は、池の水の中にメダカが食べるような小さな生き物がいるかどうか、

調べます。

 

 

 

 

 

 

 

1人1枚プレパラートを作って、観察します。

肉眼ではわからないくらい小さな生き物!

見つけることができるでしょうか??

 

 

 

 

 

 

顕微鏡の使い方も慣れてきました♪

たった数滴の中にもたくさんの生き物がいることにみんなびっくり!

顕微鏡で見えるミクロの世界に夢中になっていました。

 

7月1日(月)からは、小学4年生のみんなが、

『月や星の動き』について学習します。

4年生のみんな!待ってま~す!

チャレンジ教室を開催しました!

皆さん、こんにちは!

梅雨に入り、雨の日が増えましたね。

 

出雲科学館では、20日・21日に

2つのチャレンジ教室を開催しました!

 

1つ目は自由出入り教室

「シャボン玉であそぼう」です。

割れにくいしゃぼん液をつくって、飛ばしてみましょう!

 

 

 

 

                      

 

ストローだけではなくて、他にもいろいろなものを使って

飛ばすことができますよ♪

 

 

 

 

 

 

 

この教室は、今週末27日・28日も行っています。

【受付時間】①9:30~12:00 ②13:30~16:00

 

2つ目の教室は整理券教室

「つくって飛ばそう!手づくりロケット!」です。

ロケットってどんな仕組みで飛んでるの?

どうやったら、まっすぐ飛ぶロケットになるの?

実験や工作をしながら、調べてみましょう!

 

 

 

 

 

 

自分で作ったロケットを飛ばしてたくさん遊びましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

この教室も、今週末27日・28日に開催します。

【時間】①10:30~ ②13:30~ ③15:30~(所要時間50分)

【定員】各回先着24人

    ※小学校2年生以下は2人までにつき、保護者1人同伴

 

天気が悪い日でも

出雲科学館では、実験や工作を楽しむことができますよ♪

皆さんのお越しをお待ちしています!

6月13日(土)から出雲科学館では

企画展「宇宙へ挑め!~未知への挑戦~」が

スタートしました。 

                       

 

この企画展では、地球や宇宙、

その他の太陽系の惑星との環境を比較したり、

今までに人類が挑んできたロケットや探査機、

人工衛星の開発の歴史を紹介しています。

宇宙クイズもあるので挑戦してみてください。

 

 

 

  

この企画展は、

7月26日(日)16:00まで

開催しています。

 

みなさんのご来館をお待ちしています!

 

 

物質どうしの化学変化

みなさん、こんにちは!

出雲科学館では、5月28日(木)から6月9日(火)の間、

中学2年生が科学館を訪れ、

『物質どうしの化学変化』について学習しました。

今回はその時の様子を紹介します。

 

1時間目はサイエンスホール!

「バチッ!」

突然ホール内に爆音が響きます。最初の実験は水素の燃焼です。

青白い稲妻のような燃焼を見た後、今度は全員参加で水素の燃焼実験!光とともに悲鳴が走りました。

インパクトの強さからか、水素の燃焼後に水ができるという化学変化はバッチリ覚えることができたようです。

 

 

 

 

 

 

後半では、空気中で鉄(スチールウール)を燃焼させる実験を行いました。

みなさんは、鉄を空気中で燃やすと質量はどうなるか知っていますか?

正解は、『質量は増える』です。

空気中の酸素と化合した分だけ、質量が増えるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

では、質量の増え方に決まりはあるのでしょうか?

そこで、2,3時間目は、実験室でマグネシウムを燃焼させて、

『物質が化合する時の質量の決まり』について調べました。

 

 

 

 

 

 

 

マグネシウムを高温で熱し、質量を電子天秤で計測していきます。

保護眼鏡に白衣を着た上に、10本ものガスバーナーが「ゴォー!」と音を立てて燃え上がっていました。汗ばんだ生徒たちが真剣に質量の変化を計測していました。

 

みんなの頑張りのおかげで、非常に精度の高い実験データを取ることができました。

そのデータから、

『繰り返しマグネシウムを燃焼しても、増える質量には限界がある』

ということや、

『マグネシウムの質量と化合した酸素の質量との間には、比例の関係がある』

といことを導き出すことができました。

 

6月15日(月)からは、小学5年生のみんなが、

『魚のたんじょう』について学習します。

5年生のみんな!科学館で待ってるよ!

子ども天文クラブが始まりました!

出雲科学館では毎年5月から11月までの7か月間、子ども天文クラブを開催しています。

小学4年生から中学3年生までが対象で、天文のことを学びながら、1人1台の望遠鏡で星空観察をしています。

今年の参加者は14人。月に1回の活動ですが、じっくりと星空を観察しましょう!

 

・・・なんですが、第1回目はまさかの

外で星空は見えませんでしたが、まずは室内で望遠鏡のことをじっくりと学習しました。

望遠鏡の仕組みや科学館の中で望遠鏡の使い方練習。出雲天文同好会の皆さんに教えてもらいながら、科学館の中で惑星観察です。 ※練習用に館内に惑星の模型を置いています。

次回は晴れると良いですね。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

  • assets_c
  • 2013
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2014
  • 01
  • 02
  • 03
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2015
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2016
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09