2019年4月アーカイブ

 マウリシオ来校2.jpgマウリシオさんは、ブラジルの漫画家、ジャーナリスト、著作家である。自分の娘をモデルにした漫画作品『モニカの仲間たち』は50年以上連載され、ブラジルで知らない人はいないと言う国民的人気を得ている。
 マウリシオさんが出雲市長に表敬訪問されると聞いた日本語教室スタッフが、最高のラブコールを送り、本校への来校が実現した。9時15分頃、マウリシオさんが到着した。予定よりも15分早い来校である。玄関のウェルカムボードを目にしたマウリシオさんは、とっても優しいまなざしで腰をかがめて、本校スタッフが描いたモニカの絵の横にサインを入れてくださった。周囲への優しい気配り(人柄)を感じさせる素敵な交流の始まりである。
 交流となる教室にはブラジルにルーツをもつ生徒25人が待っていた。マウリシオさんの入場にテンションが上がる。熱烈な大歓迎である。マウリシオ来校1.jpg
 マウリシオさんは、"自らの生い立ちと今存在する自分"、"若いみんなに諦めずに頑張ってほしいこと"など生徒一人一人に語り掛けるように話してくださった。今の自分があるのは決して平坦な道ではなく、たくさんの「No」を突き付けられた。しかし、イラストレーター・漫画家になりたいという夢を追う中で、たくさん勉強し、その時々の厳しかった学びが今につながっている。そして、「若い皆さんは、皆さんの頭、指、野心、希望を持って、あなたたちの未来を手に入れることができるのです。特に一人一人の成功、充実できることを今から、学校を通して見つけてほしい。」とメッセージをいただいた。
 お話を聞いた後、質問コーナーと写真撮影を行い、生徒を代表して矢野グスターボさんが「...。マウリシオさんとスタッフが僕たちを助けるために開発したいろいろな物、特に今回送っていただいた英語のドリルはとても感謝しています。このドリルは、僕たちの英語の勉強の時だけではなく、日本語の勉強にもすごく助けになると思います。...。僕の子ども時代の一部だったキャラクターを生み出した方が僕の目の前にいらっしゃることが信じられません。直接、お礼が言えて光栄です。」とお礼を述べた。生徒は、マウリシオさんからマウリシオさんが生み出したたくさんのキャラクターの名刺を1枚ずついただいた。マウリシオさんを中心に大きな笑顔の花が咲き誇った。生徒は、マウリシオさんから名刺とともに"希望"という一生のプレゼントをいただいた。
 マウリシオ・デ・ソウザさん、ご来校いただき、本当にありがとうございました。マウリシオ来校3.jpg 

4.09 平成31年度『入学式』

 013.JPG4月9日(火)、爽やかで気持ちの良い朝を迎えた。平成最後の入学式の朝である。
 10時00分、入学生155名が拍手に迎えられて入場してきた。新入生に来賓の皆様や保護者の皆様の視線が注がれる。小学校を卒業してわずか数週間ではあるが、制服姿の新入生は少し大きくなったように感じる。
 私は、式辞で「二中生として頑張りたいこと」と題して話した。それは、「①今日も来てよかったと思える学校」、「②仲間がいて、お互いが高め合える学校」、「③明日も行きたいと思える学校」である。生徒だけが対象ではなく、教職員や学校で生活する全ての人がそう思える学校をみんなで創造したい。
Parabéns pelo ingresso em nossa escola.
Sou Ito Seiji, diretor do Daini Ch・gakk・. Sejam bem vindos. Vamos trabalhar juntos.
 また、本校は外国から30名ほどの仲間が来てくれていて国際色も豊かだ。お互いの異なる個性や文化を身近に感じ、理解しようと努め、一人一人が人との関わりの中で自らを磨き、014.JPGお互いが高め合えるチーム二中を目ざしたい。
 続いて、来賓を代表して渡部PTA会長から、"困難に出会った時は泣かずに前向きに向き合おう。「ピンチはチャンス」、辛い時ここがチャンスとニッコリ笑って取り組めば結果も違うはず。それでもだめなら、友達や家族、先生に相談しましょう。あなたは一人ではありません。手を取り合って共に成長していきましょう。"と祝辞をいただいた。016.JPG
 続いて、新入生を代表して花田朋樹さんが"真剣、責任、創造の校訓に従って、学業や部活動に励み、仲間と共に助け合い立派な中学生になるよう努力します。"と誓いのことばを述べた。
 新入生はもちろん2・3年生の態度、「君が代」と「校歌」の歌声も立派で、平成から令和へと移行する今年度への期待が膨らむ入学式を終えた。

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

ウェブページ