1.23 『愛のクローバー作戦』

愛のクローバー作戦.png 今年度2学期から始まった『愛のイエローカード』(人を傷つける言動の追放)に加えて、3学期からは『愛のグリーンカード』(人を勇気づける言動の収集)』が始まった。『愛のイエローカード』と『愛のグリーンカード』を合わせて、『愛のクローバー作戦』と名づける。これは校長企画で、ポストの管理は校長自身が行い、投函内容は必要に応じて全校生徒に知らせる。ただし、投函者や被害者・加害者・関係者にメリットがあってもデメリットにならないことが基本である。
 まず9月から始まった『愛のイエローカード』は現時点で40枚ほどの投函があった。12月実施の『教育アンケート』には、「愛のイエローカードがちゃんと対応しているのかわからない。」(3年生)という意見があった一方、「最近、暴言や悪口が減っていて良いと思った。」(1年生)との意見もあった。認知度が十分でなかったり、投函後の対応が不明瞭で効果に疑問という声もあるが、生徒会や学年生徒会等の取組もあって、目標「1 今日も来てよかったと思える学校」に着実に近づいていると感じる。
 校長企画第2弾は『愛のグリーンカード』である。これは、目標「2 仲間がいて、共に高め合える学校」を創造する企画である。そして、その第1号となる報告が届いた。

 1月18日(金)、○○さんは△△さんに人前で大きな声で嫌なことを言われてとっても嫌そうな顔をしていた。その時、近くにいたM君(1年)が「そんなこと言うなよ。やめてあげたら。」と△△さんの言動を止めた。私はそれを見ていて、ごく当たり前のように言ったM君をすごいと思ったし、教室が明るくなったように感じて嬉しかった。

 実に嬉しい投函である。これは、"人を傷つける言動の追放"であり"人を勇気づける言動の収集"でもある。このような報告が日々溢れる学校にしたい。それこそが目標「3 明日も行きたいと思える学校」である。さあ、みんなの力で実現していこう。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

ウェブページ