2016年1月アーカイブ

平成28年度新入生の一日入学(1/29)

 4月に入学予定の新入生の一日入学を行いました。

 

 新入生は1年生との交流会をしました。最初に名刺交換をしました。本の読み語りをしたり,一緒に「森くまジャンケン」のゲームをしたり歌ったりしました。プレゼントとして4月のカレンダーを渡しました。

 

 

 最後に「よぞらにかがやくほし」を一緒に歌いました。

 新入生の皆さんが,キラキラ笑顔で入学してくるのをみんなが待っています。

 

 新入生が交流会をしている間,保護者の方には学校からのお話をしました。

 最初に校長から,親の役目として「子どもは親の鏡,親は子供の鑑」ということについて話しました。また,家族でしっかり話し合い,みんなで子育てをしていってほしいと話しました。

 損害賠償制度,就学援助制度の説明,入学に関わることの説明の後,登校班編成,登下校路について説明しました。

 

 学校では,入学に向けて,各幼稚園や保育園を訪問したり,連絡会を開催したりして情報共有に努めています。心配なことがあれば,遠慮なくご相談いただきたいと思います。

 最後に,各業者さんから親子で学用品を購入していただき終了としました。保護者の方にも,子どもたちにも買い物を手伝わせてくださいとお願いしており,みんなが重そうな荷物を肩に帰っていかれました。

 

 入学式は,4月12日(火)の9時半から行います。57人の入学を心からお待ちしています。 

 

6年生 増本さんとの交流会(1/28)

 今年も増本さんに来校いただき,6年生との交流会を行いました。

 

 増本さんが作られた詩の発表では,1組は「出会い」,2組は「闘争心」をみんなで朗読しました。

  

 増本さんへのインタビューの中で「一番好きな詩はどれですか?」に対して,「足あと」と答えられ,みんなで朗読しました。

 また,学習発表会でも披露した「HEY!和」を発表し,聞いてもらいました。

 

 

 増本さんの感想発表では,「楽しかったです。」「立派な大人になってください。」と言われました。

 中学校に向けて,前向きで元気に生活していくパワーをもらった素敵な出会いでした。

にこにこ会ドラムを楽しもう②(1/28)

 「ドラムを楽しもう」の2回目を行いました。

 今日は最初に,グラスに水を入れて楽器にし,その静かな音に耳を傾けました。

 

 

 次はいよいよドラムの出番です。バチの持ち方を教えてもらった後,2組に分かれて,バトルをしたりリレーをしたりして8(エイト)ビートのリズムを体で感じながら演奏しました。

  

 迫力のある音をみんなで楽しむことができました。

 井上さより先生は「来年も来るからね。」と約束をして帰っていかれました。本当にお世話になりました。

4年生一式飾り作り事前学習(1/27)

 直江一式飾り保存会の石原さん,望月さんをお招きして,直江一式飾りの歴史や作り方などについてお話を聞きました。

 

 

 直江一式飾りの写真以外に,全国の一式飾りの写真も見せてもらい,制作意欲の増した子どもたちでした。

 

 次は,2月に保存会の皆さんのご指導のもと,ミニ一式飾りの制作を行う予定です。どんな一式飾りができるか,楽しみです。

3年生盲導犬学習(1/27)

 上津町在住で,盲導犬ジェシーとともに暮らしておられる川上さんに来ていただき,お話をしていただきました。

 川上さんからは,「やればできるということ」,「未知の可能性を信じて,日々チャレンジすること」を日々大切にしているとお話がありました。また,目が不自由でも,いろいろ工夫すれば,スポーツも楽しめるし,いろいろなことを楽しむばかりでなく仕事をすることもできると話されました。

 

 後半は,盲導犬についてのお話でした。ジェシーは今年の5月で4歳になるそうです。町中で出会った時も,ジェシーは仕事中なので,「ジェシー!」とは呼ばずに,「川上さん!」と呼んでほしいと言われました。

 

 

 

 今後は,『人にやさしく』というテーマで,自分で調べたいことを決めて学習を進めていきたいと思っています。

 

にこにこ会ドラムを楽しもう①(1/26)

 今年も,井上さより先生をお迎えして,ドラム教室をしました。

 最初は,新聞紙を使って音を楽しみます。

 新聞紙でもいろいろな音がするものです。

 

 次に,いろいろな太鼓や楽器を使って音やリズムを楽しみました。

 

 

 最後は,ドラムセットにして5つの音を楽しみました。

 

 次回は,ドラムセットを中心に楽しみます。

 

百人一首大会(1/25)

 恒例になっている,百人一首大会を行いました。

 五色百人一首で,今年度はオレンジ色のカード20枚に挑戦しました。

 2学期の終わりから,各学級で練習に取り組んできました。3時間目に3・4年生,5時間目に5・6年生が取り組みました。

  

 1組対2組で対戦しましたが,中には最初に2~3文字で「ハイ!」ととる人もいました。

 

 前日からの寒さが残っていて,とても寒い日でしたが,みんなが集中し,白熱した対戦を見せました。

6年生科学館理科学習(1/25)

 6年生最後の科学館理科学習は,【電気と私たちのくらし】の単元です。

 最初にサイエンスホールで,電気が「運動,光,熱,音」等に変えられていることを教えてもらいました。

 

 次に,電気がないととても不便になることを考え,発電について考えました。そして,様々なエネルギーが電気に変えられることを教えてもらいました。そして最後に,電気を熱に変えて利用している家電製品には電熱線が使われていることが多いことを知りました。

 

 実験室では,発泡スチロールカッターを用いて,電池の数を増やしたり,電熱線をより太くしたり,より短くしたりすれば,電熱線がより熱くなることを実験で確かめました。また,それが電流の強さと関係があることも知りました。

 

 

 小学校生活最後の科学館理科学習でした。中学校の理科学習も楽しみです。

巻心エコプロジェクト活動のお礼(1/25)

  4年生が11月から取り組んでいた「巻心エコプロジェクト活動」を終了しました。活動への協力お願いしましたところ,温かいご協力をいただき,本当にありがとうございました。

 直江・久木のコミュニティセンターを通して地域の皆さんや出雲村田製作所等の企業の皆さんにもご協力いただき,目標を上回るたくさんの巻心【合計2562個】を回収することができました。この活動が4年生児童にとって,有意義な活動になったことを大変うれしく思っています。その他にも,直江保育所,中部幼稚園,斐川西中学校,ひかわ図書館,斐川環境学習センター,中部児童クラブの皆さんがご協力くださいました。本当にありがとうございました。

 この活動を通して高まった環境への意識をこれからもしっかり持ち,地球の環境を守るために,自分でできることを進んで行動できる人に育ってほしいと願っています。

 今後とも,児童の成長を温かく見守ってくださいますようよろしくお願いします。

 

集まった巻心です。こんなにたくさん集まりました。ありがとうございました!!

6年生PTA親子活動(1/24)

 6年生の親子活動が行われました。

 大変寒い日となりましたが,親子でボウリングを楽しみました。

 初めてのボウリングで,なぜかボールが曲がってしまい,ガーターになる子どもたち・・・・・。

 

 昔とった何とやらで,ストライクを重ねるお父さん,お母さん等々,和気あいあいで,身体も心も寒さを吹き飛ばして,あったかくなりました。また楽しい思い出が一つ増えました。

 

PTA主催人権・同和教育講演会(1/22)

 学習公開の後,PTA主催,直江・久木コミュニティセンター共催で,人権・同和教育講演会を開催しました。5・6年生も一緒に話を聞きました。

 「障がいのある人たちのスポーツ」と題して,シドニーパラリンピックに水泳のフリーリレーメンバーとして参加し,現在は上級障害者スポーツ指導員の浜村敏弘さんを講師にお迎えしてお話しいただきました。

 

 今は水泳だけでなく,エアライフルやクレー射撃にも取り組んでおられるそうです。

 浜村さんは,平成8年,41歳の時,大動脈瘤破裂症に罹患,車いす生活を余儀なくされました。何を考えても「がんばろう」と思えなかった浜村さんが,リハビリの一環として水泳を始められ,平成12年(2000年)にはシドニーパラリンピックに参加されました。

 

 水泳に取り組む中で,「自分に勝つ」「周囲の人への感謝」ということを学び,「障がいは個性」と思えるまでになったとのことでした。

  

 悪いことや失敗をイメージするのではなく,自分のよいイメージを大切にすることや,何のために自分が生まれてきたかを考えながら,誰か(自分かもしれないし他人かもしれない)のためにがんばる生き方をしてほしい,自分が今何をすべきかを考えて生きてほしい,と話されました。

 実際の体験を通したお話は本当に胸に迫るものがあり,勉強になりました。

 本当にありがとうございました。

学習公開日(1/22)

 1月の学習公開日は,人権・同和教育に視点をあてた学習の公開です。

 保護者の皆さんだけでなく,地域学校運営理事会の皆さんや,直江・久木コミュニティセンターを通じて地域の皆さんにも学習の様子を見ていただきました。

1年生 学級活動「もっと友達のことを知ろう」

 

2年生 道徳「友だちとなかよく」

 

3年生 道徳「よく考えて行動しよう」

 

4年1組 道徳「大切な命」
4年2組 道徳「目標に向かって」(福泉堂の土江さんをゲストティーチャーとしてお招きしました)

 

5年1組 道徳「友だちの人格を尊重する」
5年2組 道徳「相手の気持ちを考えて」

 

6年生 社会科「基本的な人権の尊重について考える~識字学級を通して~」

 

にこにこ会 「人権ってなあに?」(人権擁護委員さんと一緒に)

人権擁護委員さんに出前講座としてきていただきました。命の大切さについて考えたり,花咲き山のお話を聞いたりしました。 

 

防犯教室(1/19)

 【不審者事案に巻き込まれないようにするにはどうすればよいかを学び,防犯への意識を高める。】というねらいで,不審者対応防犯教室を開催しました。

 前夜からの寒波でとても寒い日となりましたが,全校が体育館に集まって,出雲警察署や出雲市子ども安全センター,そして斐川交番から,合計5名の方に来ていただき指導していただきました。

 

 校長からは,自分の命を守る勉強としてしっかり学んでほしいと話しました。

 最初にDVDを見ながら,どんな人が不審者というのかということを教えてもらいました。そして「はちみつじまん」で覚えておくとよいことを教えてもらいました。

 

不審者を見分けるには

・・・知らないのになにかとなしかける人

・・・理由もないのにかづいてくる人

・・・あなたが来るのをみちのはしでじっとつめてくる人

・・・いつでも,どこまでも,いつまでもいてくる人

 ・・・あなたがくるのをっとっている人

・・・こういう人に会ったら!?っと注意

 次に,不審者に声をかけられた時の対応について勉強しました。今までにも何度か教えてもらった「いかのおすし」を復習した後,実際に児童代表が出て,ロールプレイをしました。

 

 

 訓練と分かっているのに,なかなか思うように行動できないものです。はっきりと断らなければならない時には,はっきりと断ることが大切です。また,しつこく誘われたら,「失礼します」とか「さようなら」と言ってその場を去ることも大切です。

 知らせる時には,「何があったのか」,「どんな人だったのか」,「車の特徴」などを知らせると,犯人を早く捕まえることにつながるとのことです。

 最後に,悪い人から逃げる方法について勉強しました。この内容は,今までの学習にはなかった内容です。

 いろいろな方法があるそうですが,「相手にかみつく」「相手の向こうずねをける」「じたばたする」などして,相手がひるんだすきに逃げるといいと教えてもらいました。

 

 

 大きな声で「助けて~」と言う練習もしました。

 悪い人はすきを狙っている。暗くなった時,人があまりいないときに一人で遊んでいたりすると事件に巻き込まれたりするということも教えてもらいました。斐川町は便利になって瀬戸内まで2時間で行けるようになりました。逆に危なくなったという見方もできます。

 元気なあいさつができる地域は犯罪が少ないそうです。犯罪が起こらないように,みんなで盛り上げてほしいと言われました。もうすぐ新入生が入学してきます。みんなで,安心安全な中部小学校にしていきたいものです。

にこにこ会和太鼓教室(1/13)

 今年も,西野小学校と中部小学校の特別支援学級の合同学習として,井上さより先生を講師に迎えて和太鼓教室を行いました。

 

 体ほぐしの後は,太鼓列車(1から7まで数えて打って,8の時に「やっ!」という掛け声と共に隣の太鼓の場所に移る)をやったり,連打をやったり,竹や胴の部分を打ったりしました。それを一人ずつ順番に入ったりしました。つなげてみると,ずいぶん長い曲のような感じになりました。

 

 

 最後の時間では,神名火太鼓の大きな太鼓を打たせてもらいました。大きな太鼓なので,なかなか音が出ませんでしたが,とても満足しました。

 

 最後に先生と一緒に記念撮影をしました。

 毎年積み重ねることで,みんながとても上手になってきています。来年も楽しみです。

 井上先生,本当にありがとうございました。

 

3学期始業式(1/8)

 3学期がスタートしました。あいにくの雨模様となりましたが,早朝から,児童の登校の様子をたくさんの地域の皆さんに見守っていただきました。本当にありがとうございます。

 平成28年,2016年のスタートです。そして,平成27年度のまとめの学期です。

 2人の転入生の紹介の後,始業式を行いました。出雲のケーブルテレビからの取材があり,ちょっと緊張のスタートです。

 

 始業式では,校長から,①1年の初めの計画をしっかり立てること,②1年のまとめをきちんとすること,そして③積み重ねの大切さ,継続することの大切さ,について話しました。学校にとっての1年のまとめとなる大切な時期です。一人一人の成長を確かなものとするためにも,毎日の積み重ねを継続し,そのことが確かな力として身につけられるよう頑張っていきたいものです。

 

 最後に,元気いっぱい校歌を歌って始業式を終わりました。今学期も,地域で,家庭で,子どもたちをしっかり見守っていただきますよう,どうぞよろしくお願いいたします。

直江・久木事業所会から笛の贈呈(1/7)

 日頃からお世話になっている,久木・直江事業所会の井原会長さん,細木事務局長さんが来校され,横断用の笛をご寄贈いただきました。

 中部小学校では,それぞれの登校班が横断歩道を渡る際に,班長は笛を吹いて班員に合図します。

 来年度に向けて,その笛を100個も直江・久木事業所会からいただきました。この事業は,かなりの長い間続けられているとのことです。

 

 直江・久木事業所会は昭和60年に結成され,30年の長きにわたって,小学校ばかりでなく幼稚園や保育所の安全,防犯活動に取り組んでおられます。小学校では,事業所会の皆さんに毎年春の交通安全教室でもお世話になっています。また,平成16年からは事業所会で青パト隊を組織して,子どもたちの安全を見守っていただいています。

 冬休み中でしたので,校長が代わって受け取りました。本当にありがとうございました。

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • assets_c
  • 2013
  • 07
  • 09
  • 18
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2014
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 08
  • 2015
  • 07
  • 08
  • 09