2014年11月アーカイブ

6年1組 人権・同和教育研究授業(11/28)

 出雲市教育委員会の同和教育啓発指導員の土屋先生に来ていただいて,授業研究会を行いました。

 6年1組で社会科(同和問題学習)「水平社運動と立ち上がった人々」という内容で行いました。

 単元のねらいは,

◎ 「解放令」以降も続いた差別の不当性に気づく。

◎ 全国水平社をつくり,団結して差別に立ち向かった人々の姿や思いを共感的に理解する。

  

 本時のねらいは,

◎ 「山田少年がきびしい差別に負けず,差別をなくそうとたくさんの人と団結し立ち向かったことを理解することができる。」

でした。

 

 荊冠旗,山田少年の演説の資料などをもとに,山田少年がどんな思いで差別をなくす運動に取り組んでいったかを考えました。

 付箋に書き込んだことをグループで出し合ってまとめたり,全体の場で発表したりしました。

 

 

 落ち着いた雰囲気の中で,しっかり考え,しっかり書き,しっかり話し合うことができました。

 

 

4年生 松江清心養護学校との交流学習2(11/28)

 今年度2回目の松江清心養護学校に通う,地域の友達との交流をしました。

 同じ地域に住む友達との交流を通して,関わり方や違いを理解し,体験を広げることが目標です。

 事前に関わり方を勉強したり,交流のプログラムを考えたりして当日を迎えました。

 当日は,清心養護学校での活動の様子を教えてもらったり,普段使っている脈拍や血液中の酸素濃度を測る機械を紹介してもらったりしました。

 

 剣玉やダンス,縄跳び,大型絵本,○×クイズ,等で楽しみました。リースのプレゼントも渡しました。

 

 

 

 今年度の交流は終わりですが,これから寒い季節です。元気で過ごしてほしいものです。

就学時健康診断(11/26)

 平成27年度入学児を対象とした就学時健康診断を実施しました。

 現在のところ,来年度は,中部小学校には64名が入学する予定です。

 ふれあい広場で受付をして,最初に日程説明をしました。

 

 その後,6つの班に分かれて,内科検診,歯科検診などを行いました。

 受付や各班の引率の仕事は,5年生の有志が引き受けてくれました。

 

 保護者の方には,校長からの話や入学に当たっての準備などについての担当からの説明をしました。

 合間の時間や終わってからの時間を使って,体操服や雨合羽,上履きなどの採寸をしていただき,可能な方は学用品等の注文票を出していただきました。

 

 1月30日(金)には一日入学と学用品販売を行う予定です。

 入学まで4か月余りです。学校では,入学に向けていろいろな準備を進めていきます。各家庭においても有意義な期間となりますよう,よろしくお願いします。

 

ライオンズクラブさんからの教材贈呈式(11/25)

 斐川町内の小・中学校の特別支援教育の振興にと,町内各学校の特別支援学級と通級指導教室に対して教材を毎年ご寄贈いただいています。そこで,斐川ライオンズクラブの青少年健全育成委員長の山根さんに来ていただき,贈呈式を行いました。

 

 

 

 特別支援学級,通級指導教室で使う運動遊びに使う道具や調理に使う道具などをいただきました。

 山根委員長さんからそれぞれに直接手渡していただきました。

 本当にありがとうございました。いろいろな活動で,大切に使わせていただきます。

5年1組 音楽科研究授業(11/21)

 5年1組で音楽科の研究授業が行われました。出雲市教研の小学校音楽部会の授業研究会として行われました。

 浜田教育センターの小室先生を指導講師にお招きし,市内からたくさんの先生を迎えての授業でした。

 

 この日は,「和音の美しさを感じ取りながら表現しよう」という題材で,「いろいろな重ね方で合唱することによって,声でつくる和音の響きの美しさを感じ取ることができる」ことが本時のねらいでした。

 

 声の出し方やソプラノ・メゾソプラノ・アルトのバランスを考えながら和音をつくるときれいに聞こえることが分かりました。

 

 みんなが一生懸命学習に取り組み,また,きれいに歌声を響かせていることを指導の先生にも褒めていただきました。

校長室だより【中部っ子】№26‐15発行

校長室だより【中部っ子】№26‐15号を発行しました。⇒tyuubukko2615.pdf

6年1組図書館活用授業(11/20)

 出雲市内の小学校では,今年度から学校司書が拠点校方式で配置されています。

 斐川町では,西野小学校に配置されており,荘原小,出東小,中部小が支援校となっています。

 そこでこの日,西野小学校所属の学校司書,鳥谷先生に加わっていただき,国語の学習の中でリーフレットづくりをするときに図書資料の活用の仕方を勉強しました。

 ~「持続可能な社会」への取組について調べよう~未来に活かす自然のエネルギー,という単元で,リーフレットづくりをします。そのために図鑑や専門書のほかにどのような図書資料があるかを紹介してもらいました。

 

 今まで知らなかった資料がたくさんあることが分かりました。

2年1組算数科研究授業(11/20)

 2年1組で算数の研究授業が行われました。かけ算の学習で,かけ算とたし算,かけ算と引き算が組み合わされた3要素2段階の問題を絵や図の説明の言葉を用いて考え解く学習です。

 「絵や図,説明の言葉を使って式を立て,答えを求めよう」が学習のめあてです。

 

 

  絵や図を使って,隣同士で自分の考えを紹介し合ったりして,問題を解きました。一生懸命取り組めました。

 

なかよし給食(11/20)

 給食保健委員会の企画で,違う学年の児童同士で楽しく会食をしながら交流を深めることを目的として,「なかよし給食」を実施しました。

 1年生と2年生,3年生と5年生,4年生と6年生で交流しました。

 短時間でしたが,ふだん話ができない友だちと仲良くなることができました。

 

 

 

 

3年生校外学習(11/20)

 あかつきファームに見学に行きました。

 今回は,キャベツ作りやイチゴ栽培についてお話を聞きました。

 天候や土地の様子を見ながら,心をこめて作っておられることが分かりました。給食にも出していただいているという話から,残さずに食べようと改めて思いました。

 

 

 

体育委員会昼休みイベント(11/19)

 体育委員会主催の「みんなで運動しようデー」が行われました。

 やったのは次の4種目です。

 ①思いやり対面パス

 

 ②みんなでジャンプ(長縄)

 

 ③かべつきパス

 

 ④フープくぐり

 

 体育館と校庭に分かれて実施しましたが,参加してくれたみんなは楽しんでくれたようです。

 

5年生ブックトーク(11/19)

 5年生が,ブックトークをしていただきました。

 5年1組では,「旅に出よう」をテーマにして,青木さんにブックトークをしてもらいました。

 世界地図を広げ,ご自身の自転車旅行の話から始まり,「旅の絵本」「ドリトル先生旅行記」「シンドバッドの冒険」「西遊記」「世界遺産図鑑」など,いろいろなジャンルから8冊の本の紹介がありました。

 子どもたちは,お話が終わるとさっそく本を手にとり,読んでいました。

 

 5年2組では,「すてきな兄弟姉妹」をテーマに,登場人物が兄弟姉妹の本,作家が兄弟姉妹の本を紹介していただきました。

 「グリム童話」「ライト兄弟」「二人のロッテ」「牛をかぶったカメラマン」など,いろいろな姉妹兄弟の本がありました。

 

 

 

 

にこにこ会科学館理科学習(11/19)

 出雲科学館では,特別支援学級や適応指導教室に通う児童生徒のために,「リカム科学教室」を開催しています。

 この日は,斐川町内の4小学校の特別支援学級の友達が集まり,合同で理科学習を楽しみました。

 実験ものづくり活動では「万華鏡」づくりをしました。鏡を使った万華鏡の仕組みを教えてもらってから一人一人が自分の万華鏡を作りました。

 出来上がった万華鏡をのぞいて,みんな大喜びでした。

 3Dシアターでは,サングラスをかけて,とび出す映像を楽しみました。

 

 

 

4年生校外学習(11/19)

 前日に引き続いて,石原前校長先生に来ていただき,新川の学習です。今日は教育バスに乗って,実際に新川の跡をたどりました。

 出西剣先の斐伊川土手から新川跡を眺めたり,出雲結を見学したり,川幅を歩測したりしました。

 また,飛行場跡や法華経塔,弾丸の跡の残る段原鉄橋なども見ました。

 この見学をもとに,今後学習を深めていきます。

 

 

 

 

 出雲市では,人権尊重の重要性,必要性について理解を深めるとともに,豊かな人権感覚を身につけることを目的として,人権作文・ポスターコンクールの作品を募集され,中部小学校からも応募しました。

 その中から,人権作文の高学年の部で5年生男子が入選し,人権ポスターでも中学年の部で3年生男子が入選,同じく3年生男子が佳作に選ばれました。

 この日は,特選・入選の入賞者の表彰式が行われ,出雲市教育委員会の槇野教育長から直接賞状と盾をいただきました。

 

 

4年社会科見学事前学習(11/18)

 4年生は,社会科の「郷土を開く」の学習として,新川の学習をしています。石原前校長先生(現出東幼稚園長)を講師にお招きしました。

 実際に見学する前に,学校でどういう内容の学習をするかを話していただきました。

 

 

5年生 高齢者疑似体験(11/18)

 社会福祉協議会の矢野さん,菖蒲さんに来ていただき,高齢者疑似体験をしました。

 装具をつけて,歩きにくさや封筒を開けたり新聞をめくったりする時の困難さを体験しながら理解することができました。

 また,特殊なゴーグルをつけて,小さな文字や黄色い文字の見にくさも実感することができました。

 

 

 

 

 

 この日の体験を生かして,12月1日には「斐川サンホーム」を訪問して,高齢者の方と交流する予定です。

学習発表会(11/14~15)

 平成26年度の学習発表会を行いました。14日(金)に校内発表,15日(土)には地域・保護者の皆さん向けの発表を行いました。

 新しい体育館で,初めての学習発表会です。広い体育館で,大きい声,大きい動きができるよう,一生懸命練習しました。また,小道具などの準備なども頑張りました。

 当日は,全校の前で,あるいは地域や保護者の皆さんの前で,堂々と発表することができました。

 

◆児童代表あいさつ(1年生)

◆1年生 劇「おむすびころりん」

 

◆2年生 群読他「おとどけします,4つの季節を!」

 

◆3年生 劇「てぶくろを買いに」

 

◆4年生 劇「環境戦隊 マモルンジャー」

 

◆校長挨拶

◆にこにこ会 劇「もりのせんたくやさん」

 

◆5年生 音楽「メロディーにのせて 輝く未来へ」

 

◆6年生 劇「希望のバトン」

 

 

◆エンディング 【全校】

  合唱「エル ドラド」~斐川・スバラシイ クニ~

  「祝いの手打ち」

 

◆児童代表あいさつ(6年生) 

 

 ご来校いただいた皆さん,本当にありがとうございました。

1年2組算数科研究授業(11/7)

 学力向上に係る学校訪問指導を兼ねて,1年2組の算数科研究授業が行われました。

 1年2組の子どもたちにとっても,初めての研究授業です。 

 

 この時間は,1年1組の授業と同様に「ひきざん」の単元で,繰り下がりのある引き算の計算方法を見つける学習です。数図ブロックを動かしながら考えて,その方法をワークシートに書き込み,ペアで自分の考えを紹介し合いました。みんなで考えを出し合って,3つの方法が見つかりました。

 

 

 「習った方法を使っているから簡単。」とか「小さい数のたし算は簡単。」「10からのひき算は簡単。」など,今までの勉強をもとに自分の意見を言うことができました。

 

 初めての研究授業で,外部の先生を始めたくさんの先生方の前でしたが,姿勢も返事もとてもすてきでした。しっかり学習できました。

1年生校外学習(11/6)

 1年生が,生活科の学習で愛宕山公園へ校外学習に出かけました。

 この日のめあては,「① 秋の公園で遊んだり,動植物を観察したりする。」「② 葉や木の実などを集め,秋になると自然の様子が変わっていることに気づくことができる。」の2つです。

 よい天気に恵まれ,2つのめあてを十分達成できたように思います。

 初めに動物広場に行きました。鹿やヤギ,カンガルーやロバ,うさぎなど,いろいろな動物がいました。

 

 

 秋の自然を見つけました。紅葉している葉っぱをたくさん見つけました。

 

 学校にはない遊具で遊ぶ時間もありました。

 

楽しみにしていたお弁当の時間。

 最後にみんなで記念写真を撮りました。

 

全校朝礼(11/5)

 全校朝礼での校長の話の概略です。

 11月に入りました。行事の多い2学期も半分が過ぎました。学習発表会に向けて頑張ってほしいと思います。

 10月初めに今年のノーベル賞が発表され,3人の日本人がノーベル物理学賞を受賞することになりました。青色発光ダイオード(LED)を開発したということで,長年の積み重ねが認められたものです。

 一つのことを成し遂げるには,努力することはもちろんですが,もっともとにあるもの,それは,「素直さ」「素直な心」ではないかと思います。有名スポーツ選手のコーチや監督も,「素直な心」「素直さ」が大切だと言っておられます。

「素直さ」って,どんな姿にあらわれてくるのでしょうか。その例として,次の10個を考えてみました。

  • ①返事    名前を呼ばれたら,「はい!」という返事ができる。
  • ②挨拶    笑顔の挨拶が,自分からできる。 それも目をあわせて。
  • ③聞く    「相手の話を最後までしっかり聞く」ことができる。
  • ④考える   尋ねられたことに対して,自分の思いをもつことができる。
  • ⑤見つける 友だちや周りの人の良いところを見つけることができる。
  • ⑥感じる   周りの人の心の痛みや喜びを感じ取ることができる。
  • ⑦努力する  目標に向かって,自分でやり遂げようと努力できる。
  • ⑧表現する  努力したことでできたとき,喜びを言葉や表情で表現できる。質問や意見を話すことができる。
  • ⑨感動する  身の回りのいろいろなことに気づいて,感動して嬉しくなる。
  • ⑩姿勢    全てのことに関わるけれど,背筋をきちんと伸ばし,何事にも挑戦していこうとする前向きの姿勢

 素直さは,学習でも大変大切なものだと思います。いろいろなことを,いろいろな人から学ぶとき,周りを気にすることなく,素直に反応することは,学ぶことにしっかり向き合っている姿だと感じます。

 誰かに,褒められるために,挙手をするのではなく,自分の考えを出し,自分の学びをするために挙手するのです。反応するのです。素直に,反応できること(心の中でもかまいません。)素直に自分の気持ちを表現すること,そうすることで,学習でも運動でもどんどん伸びていきます。

 お話の終わりに,中部小学校のふるまいについて少しお話します。あいさつ・返事,履物揃え,掃除(無言),ことば(ありがとう,どうぞ,ごめんなさい)等について中部小学校では取り組んでいます。生活委員会の皆さんも,毎朝あいさつ運動に取り組んでくれていて,少しずつ元気なあいさつが聞こえるようになってきました。とてもうれしいことです。

 いろいろな人と関わり合いながら生活する今の社会において,ふるまいは,関係をスムーズにしてくれる潤滑油だと思います。ぜひ,好ましいふるまいを身につけてほしいと願っています。

校長室だより【中部っ子】№26-14発行

校長室だより【中部っ子】№26‐14号を発行しました。⇒tyuubukko2614.pdf

斐川西中学校文化祭(11/1)

 輝笑満面~心をひとつに西中魂~のスローガンの元,斐川西中学校の文化祭が開催されました。

 中部小学校の活動ではありませんが,小中連携の意味もあり見せていただきました。また,中部小学校の子どもたちの顔もたくさん見えました。中学生の歌声を聞き,触発された子どもたちもたくさんいたのではないでしょうか。休憩時間の練習の様子はかなり迫力がありました。

 

 

 

 各学級の歌声,合唱部の歌声,いろいろな作品の展示を見せてもらいました。

 

 

 

2年生町探検発表会(10/30~31)

 2時間を使って,「町探検発表会」をしました。発表内容を劇や紙芝居にし,それぞれのグループが工夫して発表しました。こうしたグループ発表は初めてのことなので,準備や練習,発表の仕方はまだまだのところもありました。でも,こうした経験が,次の学習に生かされると思います。子どもたちは,他のグループがどんな発表をするのかを,興味津々でよく聴いていました。楽しく,そしていい時間が過ごせたようです。

グリーンセンターチーム          郵便局チーム    

 

駐在所チーム                香里園チーム

 

福泉堂チーム                図書館チーム

 

直江コミセンチーム            ペットショップこたけはらチーム

 

こんぴら神社チーム            津山屋製菓チーム

 

第3回地域学校運営理事会(10/30)

 第3回となる地域学校運営理事会が開催されました。理事会に先立ち,5時間目の授業の様子を見ていただきました。

 

 その後会議に入り,中部小学校教育の現状(学力調査結果公表を含む)についての説明や,各主任との意見交換を行いました。

 

 

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

  • assets_c
  • 2013
  • 07
  • 09
  • 18
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2014
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 08