2014年7月アーカイブ

旧体育館解体工事(7/28)

 足場に防音シートが張られ,体育館全体が覆われた感じで,中の様子があまり分からなくなりました。

 

 床や天井の木材もなくなってきました。

 

 窓枠は残っていますが,窓はほとんど外されたようです。

 

 アクションカードを活用した職員の救急法講習会を開催しました。斐川消防署から,5名の方に来ていただき,心肺蘇生法の訓練やAEDの使用法の確認の後,2つの班に分かれて,アクションカードを使った講習を行いました。

 

 いろいろな場面を想定して,繰り返し行いましたが,なかなか「これで大丈夫!」というわけにはいきません。1回やるごとに振り返りをして,課題になることを明確にしていきました。

 

 それぞれのリーダーの立ち位置の重要性や,周囲のメンバーの「~しましょうか?」がとても重要であることが分かりました。

 子どもたちの命を守るための講習会ですが,職員の命に関わるような事態が起こることもあり得ます。職員に関する情報もある程度把握しておくことの大切さも学びました。

 

 ご指導いただいた斐川消防署の皆さん,ありがとうございました。

PTAプール開放開始(7/25)

 夏休みのPTAによるプール開放が開始されました。全地区を5班に分け,午前と午後それぞれ2回ずつ泳げることになっています。当番をしてくださる保護者の皆さんには,暑い中大変ですが,どうぞよろしくお願いします。

 

 子どもたちの笑顔がとてもイキイキしていてすてきでした。

 

 今日は,午前中49人,午後54人の子どもたちが水泳に参加していました。

 せっかくの機会です。きれいなプールでしっかり泳いでくださいね。

 

旧体育館解体工事(7/25)

 今日の解体工事の様子です。廃材の運び出しです。

 

 

 周りの足場の高さは,2階の窓より高くなりました。

 

旧体育館解体工事(7/24)

 毎日進む工事の様子を,時々お知らせします。

 給食コンテナ搬入口のコンクリートのスロープが解体されました。

 

 北側の壁が撤去され,大きな重機が2台体育館の中に入っています。屋根はありますが,天井はもうありません。

 

学習教室,水泳教室最終日(7/24)

 3日間の学習教室,水泳教室があっという間に終わりました。

 午前中の学習教室では,みんなが集中して取り組むことができました。苦手としていた部分がわかるようになったと思います。

 

 午後の水泳教室では,さすがに3日目になると人数も少なくなりましたが,逆に指導をしっかり受けることができ,目標をクリアしたり,自分の最高記録が出たりと,充実した教室になりました。

 

 

 学習教室,水泳教室に参加した皆さん,本当によく頑張りました。また,指導してくださった先生がた,ありがとうございました。

旧体育館解体工事(7/23)

 今日も朝から,足場が設置されています。校内では,西側通用口にインターホンが設置されました。

 中庭の樹木の撤去や庭石の移設もしてもらいました。

 

 職員室からは見えなかったのですが,体育館の北側の解体工事はかなり進んでいるように見えました。

 

旧体育館解体工事開始(7/22)

 旧体育館の解体工事が本格的に始まります。

 この日から,東側駐車場への出入りは工事車両のみとなります。一般の方は,西側通用口(西側駐車場)からの出入りとなります。もちろん,職員も西側通用口の利用です。

 足場が高く組まれたり,コンテナ搬入口が取り壊されたりと少しずつ様子が変わりつつあります。

 

夏休み 学習教室・水泳教室(7/22)

 夏休みに入りましたが,22日から25日の予定で,午前中は5~6年生の学習教室,午後は3~6年生の水泳教室を開催しています。午前中は22日~24日の予定で保護者の皆さんとの個人懇談も実施しています。

 学習教室は,視聴覚室と図書室に分かれて,算数を中心に取り組みます。

 

 水泳教室は,3年生以上で学年のクリア目標に向かって練習します。

 ・3年生 面かぶりクロール10m

 ・4年生 クロール15m

 ・5年生 クロール25m

 ・6年生 クロール25m,平泳ぎ25m

 

 目標に達した時点で水泳教室は終わりです。3日間でクリアできるといいですね。 

校長室だより【中部っ子】№26-7発行

校長室だより【中部っ子】№26‐7号を発行しました。⇒tyuubukko2607.pdf

1学期 終業式(7/18)

 児童数369人でスタートした平成26年度も,途中で転入生もあり,373名で1学期終業式を迎えました。

 校長からの話では,1学期始業式で話した,「人」「体験」「本」との出会いを大切にすること,元気いっぱい,本気で,何事にも根気強く取り組むことについての振り返りをしました。

 また,中部小学校で大切にしたいふるまい,「あいさつ・返事」「履物揃え」「無言掃除」「ことば」についても振り返りをしました。それぞれに課題はあるものの,少しずつ改善の跡が見られます。今後も継続して取り組んでいきたいと思います。

 「生活リズムなつやすみ五カ条」を紹介しました。

 

  な つバテ知らずは 三度の食事
  つ づけよう 早起き 早寝 よい眠り
  や ろうよ 運動 外遊び
  す っきり頭で 朝の学習 朝読書
  み んなと 一緒 楽しいよ
 最後に,小島先生の代わりに来ていただいていた,有田先生がこの7月末で中部小学校を辞めらることになり紹介しました。

 有田先生には,4年生の副担任として主に4年生に関わっていただきました。また,5年生の理科や書写,たんぽぽ2組の国語や図工も担当していただきました。本当にありがとうございました。有田先生からは,「今を大切に生活してほしい!」と挨拶がありました。

 終業式の後,生徒指導担当の先生から夏休みの生活についてお話がありました。

 「時刻」(9時30分までは家を出ない。18時までには家に帰る。)

 「水」(水の事故にあわないように!)

 「火」(火遊びをしない。花火は大人の人と一緒に。)

 「車」(自動車事故にあわないように。自転車の乗り方も注意!)

 

  保護者の皆さん,地域の皆さんのご支援のおかげで,今学期を無事終えることができます。心から感謝申し上げます。長い夏休みは,地域で過ごす時間が多くなります。よいところはしっかり褒め,間違ったことをしている場合は,厳しく指導していただきたいと思います。よろしくお願いします。

直江まつり(7/17)

 学校の行事ではありませんが,恒例の直江の夏祭りが開催されました。

 

 中部小学校の児童の習字や絵などの作品も展示されていました。また,現5年生が昨年総合的な学習の時間に作成したミニ一式飾りも展示されていました。

 

 たくさんの人で賑わっていました。浴衣姿の子どもたちもたくさんいました。

 

 各町内の一式飾りは,とても素晴らしいものばかりでした。

 

 

 

 

分団会(7/17)

 夏休みを前に,各地区ごとの分団会を開きました。

 最初に1学期のくらしの反省をしました。①登校時刻の確認や登校態度などについて。②家に帰ってからのくらしについて。

 

 続いて夏休みのくらしについて話し合いました。①ラジオ体操について。②体力作りについて。③危険な場所,遊びについて。(安全マップを見ながら,確認したり話し合ったりしました。)

 

分団の夏休みの行事についても話し合いました。①奉仕作業。②資源回収。③子ども会の行事。

 分団会の後は,登校班ごとに集団下校をしました。

3年生 斐川町内めぐり(7/14)

 3年生が,教育バスを使って,斐川町内めぐりをしました。

 巡った場所の主なところとしては,「出西窯」「環境学習センター(アース館)」「荒神谷史跡公園」「神庭岩船古墳」「出雲空港」などです。

 

 

 

 荒神谷遺跡公園では,古代ハスがとてもきれいに咲いていました。

 最後に行った出雲空港では,広い緑地帯で少し休憩しました。

 

 斐川町のいろいろなところが,少しわかりました。

第2回地域学校運営理事会(7/11)

 今年度2回目の地域学校運営理事会が開催されました。

 理事長挨拶では,夏休みの児童の生活について,旧体育館の解体工事について,通学路内の道路工事について等について話がありました。安心安全な地域作りが大切との話がありました。

 

 続いて,2名の新理事さんが紹介されました。

 報告・協議では,1学期の学校の様子について,校長から全体的な話をさせていただいた後,学力調査の結果,生徒指導に関わること,夏休みの生活について,担当から話をしました。

 校長からの話では,6月末の給食への異物混入事案では,保護者の皆さん,地域の皆さんに大変なご心配ご迷惑をおかけしたこと,不登校傾向の児童もいるが,全く学校に登校できない児童はなく,それぞれのペースで取り組んでいることを伝えました。また,子どもたち生活の中では,大なり小なりトラブルはありましたが,保護者の皆さん・地域の皆さんのおかげで,大きな事件事故にまでは至らず,なんとか1学期を終えることができることへの感謝の気持ちを話させていただきました。

 学校予算の変更について了承していただいた後,意見交換に入りました。旧体育館の解体工事に関すること,いじめ防止対策推進法についても話題にあがりました。出雲市の「いじめ防止基本方針」を受け,本校でも【中部小学校いじめ防止基本方針】を作成し,取り組んでいます。

 いろいろなご意見をたくさんいただきました。ありがとうございました。次回は,10月下旬に開催予定です。

民生・児童委員等と学校との懇談会(7/11)

 毎年開催している,「民生・児童委員,少年補導委員,地域安全推進員と学校との懇談会」を開催しました。

 お忙しい中,たくさんの方々にご参加いただきました。

 会では,初めに久木地区の民生・児童委員支部長から,「当たり前のことができる子どもを育てたい。」「大人も意識しないといけない。」「安全な夏休みにしたい。」とあいさつがありました。

 続いて,校長から,1学期の様子について話しました。不登校傾向の児童の様子,特別な支援を必要とする児童の様子などとともに,給食への異物混入について,ご心配ご迷惑をおかけしたことをお詫びしました。18日の終業式の後,長い夏休みに入ります。安全で安心できる夏休みとなるよう,地域での見守りや指導をお願いしました。また,旧体育館解体に関するお話もしました。

 自己紹介に続いて,夏休みのくらしについて生徒指導部から説明し,意見交換を行いました。お店にはお手伝い以外では子どもだけで行かないことも確認しました。また,公園での遊び方や,通学路についても話題が出ました。

 最後に,各地区担当の教員と各地区の民生・児童委員さんと意見交換をして終わりました。

 

 学校と地域の皆さんがしっかり連携を深め,子どもたちの健全育成に取り組んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

ハートフル活動(7/11)

 今回は,5年生の企画による全校遊びのハートフル活動でした。各色の班(全16班)の5年生が,さらに仲良くなれるような楽しい遊び(ドッジボール,こおりおに,だるまさんがころんだ,けいどろなど)を考え,高学年はボールは左手で投げるなどルールも工夫しました。昼休みに校庭,体育館,ふれあい広場,教室を使って遊びました。

  

 

 

 

 5年生は,遊びの説明などうまくできるかとドキドキのようでしたが,「楽しかった!」という声に,大成功とにこにこ顔でした。

4年生 科学館理科学習(7/10)

 出雲科学館で,「月や星の動き」の単元の学習をしました。
 サイエンスホールでは,月の動き方や見え方,太陽系の惑星について学習しました。

 
 次にプラネタリウムや星座盤を使って夏の星座を調べたり,星の動きについて学習したりしました。

 その後,一人一人が「ガリレオ式望遠鏡」をつくりました。

 

 

 作った望遠鏡で月を観察するのが楽しみです。

 農林水産省中国四国農政局斐伊川沿岸農業水利事業所と斐川地区土地改良施設管理体制整備推進協議会の主催で,「農業水利施設の役割や多面的機能を学習する」出前講座を5年生が受講しました。

 この「出前講座」は,次のような考えのもと開催されました。

 用水路や用水機場等の農業水利施設は,農業に必要な水を供給するばかりでなく,防火用水や洗い場,憩いの場としての利用,また,小魚等の水辺の生き物の生息の場といった多面的な機能を有しています。
 しかし,近年,生活環境の変化や都市化・混在化により,空き缶,ビニール,刈り草等のごみが水路に流れ込み,施設の管理や多面的機能の発揮に支障が生じています。
 平成17年度からは,「国営斐川沿岸地区農業用水再編対策事業」による用水路や用水機場等の改修整備に併せて,施設の持つ多面的機能の増進に努めています。
 こうした背景の中,この度,小学生を対象に農業水利施設の持つ役割や多面的な機能について学習する「出前講座」を開催します。
 この活動を通じて,農業水利施設の持つ役割への理解が深められ,地域の皆さんが施設の維持管理や景観づくりに参加するきっかけになることを期待しています。

出前講座の実際

 1時間目には,斐川町の農業の特色や食料自給率について説明してもらいました。社会の米づくりでも学習した『共同作業』や『営農組合』による農業が盛んに行われている様子が分かりました。また,農業用水の確保や利水について,大規模な施設がつくられていることも分かりました。

  

市役所斐川支所にある中央管理室では,代表の子が実際に遠隔操作盤のスイッチを押し,あかつきファーム近くにある統合樋門の水門の操作をさせてもらいました。カントリーエレベーターでは,貯蔵庫を見学させていただきました。温度が13度に保たれていて,一袋が1トンの麦の袋がたくさん積まれていました。この麦は,すべて福岡市に送られビールの原料になるそうです。

 

 操作盤で操作した統合樋門では,斐伊川の水が水門へうまく流れるように,機械を使って砂を寄せるために年間1000万から1500万円かかっているそうです。統合樋門からあかつきファームへ歩いて移動する途中では,水田の隅に水道のような蛇口が設置されていて,地下を通るパイプから用水が出てくる様子も見せていただきました。あかつきファームでは,作っている農作物(米,大豆,野菜,ぶどう,いちご)や地下にある用水のパイプラインの仕組みを聞きました。その後は,倉庫にある大型トラクターやコンバインを見学しました。 

 

4年生 社会科見学(西部浄化センター)(7/9)

 4年生が西部浄化センターに社会科見学に出かけました。
 最初にセンターの方に,生活排水を浄化する仕組みを教えてもらいました。水質浄化には20~30種類の微生物を利用しているそうです。最新の設備で管理されている様子に,みんなびっくりでした。下水を浄化する施設の大きさにも,みんなびっくりです。説明を聞きながら,みんなしっかりメモを取っていました。
 下水には流してはいけないものもあることを学びました。普段あまり気にすることのない生活排水の浄化の仕組みを知ることができ,とてもいい勉強になりました。

 

 

 

4年生 五右衛門川の水質調査(7/8)

 4年生の総合的な学習の時間で環境学習の一つとして,五右衛門川の水質調査をしました。前回調査した5月30日以来です。

 

 

 前回教えてもらった方法で,CODや透明度を調べました。年5回調査する予定で,今回が2回目です。

 前回同様,水が茶色く濁っていて残念でした。

1年生 ストーリーテリング(7/8)

 出雲中央図書館の子ども読書推進係から藤井さんと飯塚さんに来ていただいて,1年生がストーリーテリングをしていただきました。

 ストーリーテリングとは,昔話などを覚えて語られるもので,純粋に言葉の美しさを感じながら,想像を膨らますことができるものです。

 今回は,「かにかに,こそこそ」「かしこモリー」「おいしいおかゆ」の3つのお話をしてもらいました。

  

 

 また,「いちじく,にんじん,~♪♪」の数え唄も一緒に楽しみました。

 いい姿勢で集中して聞くことができました。お話してくださったお二人も,1年生の態度の良さに感心しておられました。

3年生 ふれあいサロンでの交流活動(7/7)

 3年生が,総合的な学習の時間の取組として,ふれあいサロンで交流会を行いました。

 高齢者の方と接し,自分たちにできることを考え実践しようとする態度を育てるのが目標です。

 久木コミセン(ふれあいプラザ)と直江コミセンで行われている「ふれあいサロン」に分かれて,それぞれの活動に参加させてもらって交流しました。

 久木のふれあいプラザでは,歌とリコーダーの発表やグループごとの発表を行いました。途中で,健康広場の一角で育てておられるジャガイモの収穫もしました。

 

 

 グループごとの発表では,クイズ,昔の遊び(こま、あやとり),げき,紙しばい,手遊び,なわとび等をしました。内容によっては,おじいさんやおばあさんにも参加してもらいました。

 

 直江コミセンでは,歌とリコーダーの発表の後,おじいさんやおばあさんと七夕の笹につける短冊を書いて吊るしました。

 

 そのあと,グループごとの発表を行いました。手品,クイズ,パントマイム,紙しばい,なわとび,おりがみのプレゼントなどをしました。

 

 どちらのふれあいサロンでもとても喜んでくださり,練習したり準備したりした甲斐がありました。この交流で学んだことを,これからの生活に生かしていきたいと思います。

 PTA文化部主催の親子ふれあい活動「校内クイズラリー」が行われました。

 今年度の親子ふれあい活動は,中部小学校の校舎内をめぐりながら,15のポイントでクイズに答えるウォークラリーを行いました。

 開会式では,PTA会長から親子のふれあいとともに,校舎の様子,特に新しくなった体育館,夏休みに解体される予定の旧体育館(見ることができる最後のチャンス?)などをしっかり見てほしいと話がありました。

 

 問題は簡単なものから難しいものまで,5点から30点の配点があり,合計200点満点で,学校の様子,学校の歴史,斐川町の特色,斐川町の歴史等,いろいろなジャンルに渡るものでした。

 参加者56家族,138人を28班に分けて50分間,ポイントを回りました。

 

 

 親子でなかよく相談しながらポイントを回りますが,なかなか難しくて,「ジャンケンで決める?」という声も聞かれました。また,ヒントがどこかにないかと校舎内を探しているグループもありました。

 

 旧体育館にもポイントが設置されていました。

 

 50分間の活動の後,答え合わせをしました。200点満点で,最高は195点のグループがありました。上位のグループにはおやつのプレゼントがありました。

 お世話いただいた文化部の皆さん,参加いただいた皆さん,本当にありがとうございました。

全校朝礼(7/4)

 今回の全校朝礼は,三原教頭先生のお話です。

 最初に,鳥の鳴き声を聞きました。「うぐいす」「背黒セキレイ」の鳴き声でした。教頭先生は鳥の鳴き声で目覚めるのだそうです。そして,最後に「スズメ」の鳴き声でした。

 

 

 続いてスズメに関して,新聞記事の紹介をされました。スズメの子育ての様子を観察した記事でした。自然の中にスズメの愛情を見たというものでした。

 教頭先生は,スズメの餌付けに挑戦しておられるそうです。気長に観察しているそうですが,なかなかスズメは慣れてくれないそうです。また,その中でいろいろ新しいことを発見したり,不思議だなあと疑問を感じたりすることも多いそうです。

 

 身の回りには,関心を持っていろいろなことを研究したり観察したりするとおもしろいものがたくさんあります。夏休みはそういうことに挑戦するのにとても適した機会です。

 興味を持って,ぜひ挑戦してみてほしいというお話でした。

校長室だより【中部っ子】№26‐6発行

校長室だより【中部っ子】№26‐6号を発行しました。⇒tyuubukko2606.pdf

PTA評議員会(7/2)

 第2回PTA評議員会が開催されました。

 

 PTA会長のあいさつに続いて,校長から次のような話をしました。

① 給食への異物混入事件については,皆さんにご心配ご迷惑をおかけし申し訳ないこと。また,弁当を持参していただくことについてもご迷惑をおかけしていること。現在,関係各所で今後の対応について協議しており,わかり次第皆さんにお伝えすること。

② 旧体育館の解体工事並びに駐車場整備工事が,7月19日(土)から本格的に開催され,それに伴って,東側駐車場,東側職員玄関等が使用できなくなること。工事の期間中は,西側(プール側)の出入口を使用することになること。

③ 夏休み中の奉仕作業,資源回収では大変お世話になること。安全で楽しいプール開放にしてほしいこと。

 

 続いて協議では,

① 奉仕作業について

② 資源回収について

③ 夏休みプール開放について

があり,全体会の後,各分担場所別に奉仕作業の打ち合わせが行われました。

 いろいろな行事が大変暑い中行われますが,どうぞよろしくお願いいたします。

 

PTA救急法講習会(7/2)

 夏休み中のPTAプール開放を前に,PTA評議員会の時間の前にPTA救急法講習会を開催しました。

 出雲市消防本部斐川消防署から,田中さん,森山さん2名の救急救命士の方に来ていただき講習をしていただきました。

 

 昨年度は,体育館の新築工事のためプール開放がなかったので,2年ぶりの救急法講習となりました。

 事故はないに越したことはありませんが,プール開放時における不測の事態に対応するばかりでなく,日常生活における不測の事態にも対応できるよう,AEDの使用法も含めた,救急法の講習をしていただきました。

 

 脳に3分間血液が届かないと脳は死んでしまいます。だからこそ,胸骨圧迫(心臓マッサージ)が大切になってきます。

 助けなければならない人を見つけた時の救助の手順としては,

 ① 自分以外の人の助けを求める。(大きな声で)自分しかいないときには,まず119番通報して,指示を受ける。協力者には,119番通報と,AEDの準備を依頼する。

 ② 1分間に100回の割合で,胸が5㎝ぐらい(子どもの場合は胸の厚さの3分の1以上)沈むぐらい,胸骨圧迫を30回し,2回の人工呼吸をする。人工呼吸はできなければできないでよい。胸骨圧迫を休まない。

 ③ 意識が戻らない場合には,AEDを使用する。胸骨圧迫や人工呼吸を中断せず,続けることが大切。

 5人程度のグループに分かれ,人形を使って実際に胸骨圧迫や人工呼吸の練習をしました。AEDの利用法についても代表者が行いました。

 

 救急救命士さんの話では,処置の仕方を身につけることはとても大切だが,それ以上に大切なのは,「気を抜かないできちんと監視することであり,それによって事故はかなり防ぐことができる」とのことでした。そして,子どもの命を救うためには,処置をやらないで死んでしまうより,できることをして救うことの方がよい,と熱く語られました。

 「失ったものを取り返すことはできない。」救急救命士さんの言葉です。

 安全で,楽しいプール開放になることを祈っています。よろしくお願いします。

7月のキラキラ集会(7/2)

 7月のキラキラ集会を行いました。

 「キラキラマーチ」に合わせて入場した後,最初は集会委員会のトーンチャイム「たなばたさま」でした。きれいなチャイムの音が体育館に響きました。

 

 続いて,全校で,6月の「今月の歌」【虹が】を歌いました。今月も学年の代表が学年の前に出て表情いっぱい元気いっぱい歌いました。

 今月の学年発表のコーナーは3年生です。最初に,3年生になってから学習するようになったリコーダーの発表をしてくれました。きれいな音で,みんなに「ゆうやけこやけ」「小さな花」「そよかぜ(上と下に分かれて)」を聴かせてくれました。最後は,「恐竜とチャチャチャ」を身振りを入れながら歌ってくれました。みんなも手拍子をしながら一緒に楽しみました。リコーダーも歌も,とっても素敵でした。

 

 

 ゲームは,「もうじゅうがり~七夕バージョン~」でした。七夕に関わりのある言葉の数の人数が集まって座るというゲームでした。いろいろな学年間で交流ができるひと時でした。

 

 感想発表では,3年生の発表,ゲームについて各学年の代表が発表しました。集会委員の取組についての感想もありました。

 

 たくさんの保護者の皆さんにも見ていただきました。ありがとうございました。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

  • assets_c
  • 2013
  • 07
  • 09
  • 18
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2014
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 08